2014
10.03

人生のひとコマ、再び。久々の・・・

Category: その他
油断大敵。
後悔先に立たず。

あれだけ注意を払っていたのに、なんてことだあ。

え? どうしたのかって?

つったんです、足が。
寝てる時に。
しかも、すごく眠くて、目なんか覚めたくもないときに……。

つった右足のふくらはぎが、すまなそうにしょぼんとしている。
バカだなあ。。
隙間風のような秋風が、むなしくこころを吹き抜ける……。

そういえば、去年の秋にもこんな記事を書いたっけ……。


**************************************************

イテエエーーーーーーー!!!!!!

うぎゃあああああああ!!!!!!

うわ、うわ、……


夜中に、足がつった。

なんとか体をおこし、アキレス腱伸ばしの要領でふくらはぎを伸ばす。

ひどいときは、もういいだろうとアキレス腱伸ばしをやめて普通の体勢に戻ると、また「イテテテテ」状態になるのだが、今日はしばらくして、なんとかおさまった。

足がつるときほど後悔の念にかられることはない。

伸びをするときにピンと足をのばしちゃいけない、そう自分に言い聞かせるのだが、人生に油断はつきものだ。

ふとした瞬間に油断をしてしまう。

中途半端に伸びをするのは気持ちよくない。己の中のどこかにそんな気持ちがあるのだろう。


1.寝ぼけている。ようするに油断する可能性が高い
  ↓
2.伸びをする
  ↓
3.おー!気持ちえーなー!
  ↓
4.ついついピンと伸びてしまう
  ↓
5.足に違和感
  ↓
6.あ! や、やばいかも
  ↓
7.うわ、お願い、つらないで!
  ↓
8.あああ、だめだああ


闇があるから光がある。裏があるから表がある。それが世の中の常。

気持よく伸びているその裏に控えし地獄の一丁目が、ニヤリとした目で、こつ然と牙をむく。


「3.おー!気持ちえーなー!」で思いきり気持ちよくなっていたのに、そこから一転。

天国と地獄。

「5.足に違和感の」ときに、「時間よとまれ」と永ちゃんのふりをしても、言わずもがな、時間はとまってくれない。 

後悔先に立たず。

そんな先達の教えがあるのもかかわらず、また、子供の頃に「後悔と反省」と題して「後悔するのではなく、反省する人間にぼくはなりたい」みたいな作文を書いたというのに、いまだに後悔することばかりだ。

そしてやってくる「8.あああ、だめだああ」の時間。

「時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ♪」

テレサテンさんならそう言ってガマンできるのかもしれない。

あるいは、ジュリーなら「時のすぎゆくままに この身をまかせ♪」って悠然としていられるのかもしれない。

でも、ボクはそこまで人間ができていない。

ふくらはぎを伸ばす。

必死に伸ばす。

ただただふくらはぎを伸ばすことだけに意識を集中させる。

この時の集中力には自信がある。

この集中力が普段からあったら、人生も変わっていたかもしれない。


さて、ここから話を発展させよう。

「〇〇がつる」。

足がつるのは、まだよい。

子供のときに沖まで泳いで行ってそこで足がつって死にそうな思いをしたことはあるが、これは特殊なことであり、大抵は「ふくらはぎを伸ばす」ことで対処できる。

「首がつる」

これはどうしようもない。

「首をつる」ではない。

「首をつる」は「(自分が)首をつる」という、意思の、いや、意志のなせる行為であるが、「首がつる」は「(オレさあ、なんだかわかんないんだけど)首がつる」という他責の産物である。

首がつったときは、もう、じっと我慢だ。
この時はまさにテレサテンさんorジュリー。

アキレス腱伸ばしの首版のように、「側頭部が地面につくようにうつぶせに寝転がり、側頭部は地面につけたままでお尻を突き上げるように体を起こし首をのばす」なんてことはできない。

「お腹がつる」

これもどうしようもない。

特に、狭いトイレでふんばっているときに「あ!お腹に力を入れ過ぎた!や、やばい……」と後悔しても、どうすることもできない。

助けも呼べない。

それどころか声も出せない。

この時もテレサテンさんorジュリーだ。


足がつる。

首がつる。

お腹がつる。


その瞬間は苦しいが、これもまた、人生のひとコマ。苦しみが快楽になり、女王さまを求めて彷徨ったりはしないが。

「人生楽ありゃ苦もあるさ♪」by水戸黄門。

この苦しみもきっと、自分を大きく成長させてくれる神様の演出なのだろう。

「人生楽ありゃ雲あるさ」って何だろう。人生の中には白い雲が浮かんでるのかなあってずっと疑問に思ってはいたが、それもちっぽけなこと。

幸い、今回の「足つり」は軽度であった。

今日もまた、何事にも動じず、口笛ふいて風に吹かれよう。。。


141003ashigatsuru1.png

6:20 追伸

おまけに小指を蚊に刺された。。
めっちゃかゆい
サ・イ・ア・ク・・・

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/567-c5c5b630
トラックバック
コメント
おはようございます。
足がつるのって辛いですね。
苦しみが分かるから、楽しいことを噛み締められるんだと思います。
ネリムdot 2014.10.03 08:11 | 編集
先にも立たないが後も絶たないのが後悔ですなぁ。笑うしかありません。
miss.keydot 2014.10.03 12:35 | 編集
寝てる時に足がつるって最悪ですよね~翌朝も足が痛くて・・・・
自遊自足dot 2014.10.04 06:27 | 編集
ネリムさん、こんにちは!

あらためて、先日は誕生日おめでとうございます!!

> 苦しみが分かるから、楽しいことを噛み締められるんだと思います。

これ、実感しますね。
噛みしめられるし、ありがたみがわかります。。
ネリムさん、めっちゃ忙しそうですが、苦しみを乗り越えて楽しい日々を満喫してくださいね!!
Omunaodot 2014.10.04 07:51 | 編集
miss.keyさん、こんにちは!

うまい!
そうですなぁ。あ! うつっちゃった!
辛いんですけどね、こっけいですよね。
トイレでお腹がつるなんて最悪なんですが、「笑い」でしかないですよね。
そう言えば、以前、朝の通勤時に駅の階段を急いで走っていてヒールのかかとがとれて落としちゃった人を見ました。
そのまま走っていっちゃいましたけどね。
いやあ、かわいそうと思いながらも笑うしかなかったですねえ。。
思い出したとたん、その後どうなったのか妙に気になります・・・。
Omunaodot 2014.10.04 07:58 | 編集
自遊自足さん、こんにちは!

ほんとそうですね。。
以前、両足がつったことがあって、この時はもう人生のどん底ってカンジでしたよ。
しかも、おさまった後も痛くて歩けなくて。
おまけに、片足に各2枚、小さなシップを貼ってたらそこがかぶれちゃって。
まるで下駄の足跡みたいのがふくらはぎにできちゃって。
そんな経験を積んで、だいぶ「つるのを回避する」ことはできてきてたつもりなんですけどねえ・・・。
Omunaodot 2014.10.04 08:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top