2014
10.27

包む文化

オムライスとは?

日本で生まれた米飯料理。味付けしたライス(チキンライスやバターライス)を、オムレツのような鶏卵で包んだ日本の洋食である。

今日は、この、「日本で生まれた」と「(鶏卵で)包んだ」に注目してみよう。

エッヘン(偉そうに学者風)。
kurumari=包り。
これは先日紹介した店の記事で書いた。
包り=包む。これがどうも日本文化を語る際のキーワードのひとつのようだ。

包む。

もうしばらくするとお歳暮のシーズンがやってくる。
立派な包装紙に「のし」をつけて、着物美女が風呂敷に包んで「ごめんください」なんて持ってきてくれる(脳内イメージ)。
風呂敷に包む、なんてのは海外にはない。
包装紙を丁寧にはがすのも独特で、海外ではびりびりに破くのが当たり前とのこと(そもそも包装紙で包むこと自体が少ない)。
日本では、百貨店に行くと「贈答用に袋をもうひとつ入れましょうか?」なんて聞かれるし、そもそも百貨店の包み紙がブランドになっていたりする。
そう言えば、「着物」だって身を包む服だ。
コートのようにボタンでとめるのではなく、身をくるむように着て帯で止める。

包む(くるむ・つつむ)。

日本の文化を特徴的に示す概念として「和」というのがある。
「包む」は「和」とつながっているのではないだろうか?
そんな考えが、ふと頭に浮かんだ。

この続きは次回に……。
(単にまとまっていないから先延ばしにしているだけという噂もある)

では、今日は秋の愁いを詰め込んだ竹内まりやさんの曲を。


● 駅




● 家に帰ろう




● カムフラージュ




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/583-de52fc37
トラックバック
コメント
 風呂敷には色々な包み方が有るそうで、風呂敷一つあれば何でも包めるそうな。覚えるとなんかカッコいいらしい。包むと言う文化は素晴らしいですな。
 とは言え、過剰に包装するのも考え物。某地元有名和菓子屋の贈り物をもらった後は空のゴミ箱がいっぱいになるのもどうかと思う訳よ。
 元々は掌の片隅に乗る程度の饅頭。①薄い紙で包んで、②ビニールで密封、③小箱で飾り、④紙のトレーに並べ、⑤更にビニールで纏めて放送、⑥箱に詰め、⑦和紙で包装、⑧ノシを付け、⑨飾りひもで縛り、⑩紙袋に入れる。⑪下手すると更にビニール袋。
 そのまま袋に入れればボックスティッシュ程もないお菓子がA4紙一締め位に膨張する罠。どうなのよ。
miss.keydot 2014.10.27 07:16 | 編集
miss.keyさん、こんにちは!

ハハハ。すごい臨場感!!
わかります、わかります(爆)
この過剰包装は何なんでしょうね
でも、ここに「和の心」が隠されている(詰め込まれている)ような気がします。
ちょっと、その探索の旅に出かけますのでよろしくお願いします!

Omunaodot 2014.10.28 06:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top