2014
11.22

You are my sunshine.

Category: その他
今日は、前々回の最後に書いた、「You are my sunshine」の続き。

「You are my sunshine」は1940年公開の映画「Take Me Back to Oklahoma」の挿入歌として使用され、ジミー・デイビスとチャールズ・ミッチェルが歌っていた歌。その後、多くの歌手がカバーし、日本でも戦後復興の時期に流行した。ジミー・デイビスは、後にルイジアナ州知事となり、この歌はルイジアナ州の州歌にもなっている。

で、よく知られている歌詞はこの部分。

You are my sunshine
My only sunshine
You make me happy when skies are gray

訳してみましょう。
Omunao意訳、かつ、男性目線で。


君はボクの、輝く陽光
かけがえのない太陽
こころが晴れないときだって、ボクをしあわせにしてくれる


曲調が明るいので、希望に満ちた、とても素敵な恋愛の歌に思える。
事実、ボクはずっとそう思っていた。

でも、実は違うんだよね。。。
歌詞の続きをみてみましょう。

You'll never know, dear, how much I love you
Please don't take my sunshine away

君にはわからないだろうね
どれだけボクが君を愛しているかって
ああ、ボクの太陽よ、行かないでおくれ


おっ、なんだか怪しくなってきたぞ……・。

更に見てみましょう。

The other night, dear
As I lay sleepin'
I dreamed I held you in my arms
When I awake, dear
I was mistaken
and I hung my head down and cried

ある晩、寝ている時にボクは夢を見たんだ
この腕で君を抱いている夢を
でも、目が覚めて、
違うんだってわかって、頭を抱えて泣き叫んだ


You told me once, dear
You really loved me
And no one else could come between
But now you've left me and love another
You have shattered all of my dream

君は言ってたよね
本当にボクのことが好きだって
誰もふたりのじゃまはできないって
でも君は、ボクを残して、別の彼のもとへと行ってしまった
君はボクの夢という夢を閉ざしたんだ


うおおおおおお!!!!
なんか、最後は情念だね。
明るく情念を歌う。

そこがいいのかも。

人によって、状況によって、この歌はいろいろな変化ができる。
歌い方によっても変わる。
暗く歌えば切ない恨み節。
明るく歌えば青春のい1ページの恋愛ソング。

そうそう、この歌にまつわるこんな記事が出ていた。

ロケットニュース24の2013年6月18日の記事。
以下、引用。

----------------------------------------------------------

死を覚悟した夫が66年間連れ添った妻に贈った「ひとつの歌」が世界で感動を呼ぶ!

愛する人へ贈ったひとつの歌が、現在世界中で感動を呼んでいる。
歌を贈った人物はジェームス・ピネガーさん(86歳)であり、贈った相手は66年間連れ添った妻のコリーンさん(85歳)である。

そして動画「You Are My Sunshine- 66 Years in Love Caught on Film」に映し出されている通り、ジェームスさんがコリーンさんに贈った歌は『You Are My Sunshine』(和訳:キミは僕の陽の光)である。しかしなぜこの歌のプレゼントが、世界の多くの人の心を震わせているのだろうか?

・死を覚悟したジェームスさん
ことの発端は、ジェームスさんがおこなった親切な行動にある。彼は氷の上で滑って転んでいた90歳の隣人を助けようとした。しかしジェームスさん自身も氷で転んでしまい、股関節置換という手術を受ける羽目に。

だが彼を襲った災難はこれだけではなかった。なんと入院中に血液感染にかかってしまったのだ。86歳という年齢なだけに、ジェームスさんは死を覚悟したらしく、3カ月間ずっとそばで看病してくれたコリーンさんに対して、ある想いを伝えることにしたのである。

・キミは僕の陽の光
その想いを伝える様子が現在話題の動画に収められているのだが、そこには「ちょっとそばに来てくれ!」と奥さんを近くに呼ぶジェームスさんの姿が映っている。

そして彼はカメラに向かって「これは私にとって、とても大切なことなんだ」と話すと、『You Are My Sunshine』を歌い始めた。するとコリーンさんも一緒に歌い始め、2人は美しいハーモニーを奏でながら、見事『You Are My Sunshine』を歌いきった。

ジェームスさんの娘さんによると、『You Are My Sunshine』はジェームスさんとコリーンさんにとって大切な歌らしく、長年2人で一緒に歌ってきたそうだ。

・2人の愛がネット上で感動を呼ぶ
そしてこの動画をYouTubeに投稿すると、たちまちネット上で大ヒット! 現在動画には「なんて美しい瞬間なんだ」「いつの日か、こんな大きな愛を感じられたらいいなあ!」など2人の愛を羨むコメントが多数寄せられている。

そしてそしてさらに嬉しいことに、ジェームスさんが無事に元気を取り戻したというニュースも舞い込んできた! しかしネット上でのあまりの反響の大きさに、ジェームスさんは恥ずかしがっているとのこと。

幸せとは何かをひとつの歌で示してくれたジェームスさん。これからも愛するコリーンさんと共に歩き、そして温かい陽の光をさんさんと浴びながら、2人で末永く、幸せに暮らしていってほしいものである。



----------------------------------------------------------

いい話だね。

年をとり、いつかは別れがくるんだけど、ずっとお互いのことを思い続けられるって素敵なことだよね。
「君に読む物語」を思い出した。
いつの日か、そんなストーリーが書けたらいいなあ。

では今日はこの辺で。。。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/609-7af2b7bf
トラックバック
コメント
こんにちは。

いつかこんな素敵なストーリーが書けると信じて
楽しみにしています♪
花音dot 2014.11.22 11:53 | 編集
花音さん、こんにちは!

返信が遅くなってスミマセン。。。
ありがとうございます!
とても嬉しいです!!!

はい、楽しみに待っていてください!
年輪を重ねて、深みを増して、そして納得がいくような、
そんな作品を書き上げますよ!

Omunaodot 2014.11.25 00:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top