2015
01.07

南の島にこころを寄せて その1

Category: その他
ボクが生まれて最初に覚えた島の名前。
それは江の島。
身近だったからね。
さて、次はどこでしょう???

大島?
違います。

佐渡島?
ブー。

正解は、五島列島!
え? 何で?

それは、形が「魚の骨」みたいで面白かったから。
で、興味は持ったんだけど、一度も行ったことはない。

150107goto2.png


神奈川県で生まれ育ったボクは、子供の頃、遠い未知の世界であった北海道と九州に憧れていた。
今でもその傾向はある
「本州とは違う地」であり、「風光明媚」であり、そしてもうひとつ、「長い歴史に裏打ちされた異文化の香りが色濃い」からなのかもしれない。

五島列島もそれにぴたりと当てはまる。
「九州は長崎県」にあり、「西海国立公園という絶景の地」であり、そして……。

異文化の香り。

今回は「異文化を交えた日本の歴史」を振り返りながら、五島列島に焦点を当ててみたいと思う。

それでは、突然だけど、この問題からスタート!
日本に鉄砲が伝来したのは「いつ」、「どこに」と言われているでしょう?

「はい、出席番号27番Omunaoくん!」
「うわっ! いきなりそのパターンかい!」
「能書きはいいから早く答えて!」
「はいはい、これは知ってますよ。1543年、種子島!」
「そうですね」

1543年、ポルトガル人によって日本に鉄砲が伝来されたと言われている。
ちなみに織田信長が生まれたのが1534年。
豊臣秀吉が1536年。
徳川家康が1542年。
なので、天下取りに大きな影響を及ぼす「鉄砲」は、ちょうどこの3人が生まれたすぐ後に伝来したんだね。

では次の問題。
日本にキリスト教が伝わったのはいつで、どこの国の誰によってでしょう?

答えは、「1549年、スペインのフランシスコ・ザビエルによって」だよね!
「頭がザビエル」の元祖、というか本家、この方。

150107goto1.png


さて、ここでひとつ注目。
鉄砲伝来は「ポルトガル人によって」、キリスト教伝来は「スペイン人によって」というところ。
なぜ、ポルトガルとスペインなのか???

ちょっと遠回りしてキリスト教の中の分類の話をするよ。
キリスト教にはいくつか種類があるけど、大きなものにカトリックとプロテスタントがある。
カトリックは、ローマの郊外にあるバチカン市国の首長であるローマ法王(カトリック的には「教皇」と呼ぶ)を全世界の教徒の精神的指導者とする。法王を頂点とする「教会」そのものが大事であり、教会の儀式を通して自分は救われているのだという意識を持ち、聖母マリアを礼拝の対象とする。
日本にもカトリック系の教会や学校は多いよね。

一方のプロテスタント。1517年以降、マルティン・ルターらによるカトリック教会から分離運動、いわゆる「宗教改革」によってできたもので、教えは組織や儀式ではなく使徒たちの書いた「聖書そのもの」にあると考えられている。だから、全体をまとめる法王もいない。

これを整理すると権威の順番は次のようになる。

・カトリック = 教会という組織を重視
神 > 教会 > 聖書 >信者

・プロテスタント= 個人的なイエス・キリストとの関係を重視
神 >聖書 > 教会(=信者の集まり)

なので、面白いのだけど、組織を重視するカトリックに言わせると「私はカトリックでありクリスチャンではない」となり、個人的なキリスト信仰であるプロテスタントに言わせると「自分はクリスチャンという自覚はあるけれどもプロテスタントであるという意識は薄い」となる。

これを踏まえて話を進めよう。
ポルトガルとスペインだったね。

日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルはカトリック教徒。
1534年に、スペインのイグナチオ・デ・ロヨラを中心としたとパリ大学の学友だった6名が、カトリック教会の男子修道会として「イエズス会」を設立。ザビエルはその中のひとり。
「宗教改革」でプロテスタントが広まる中、カトリックは新たなる布教活動が必要だった。
ポルトガル、スペインはカトリックの国。こうして日本への布教活動がはじまった。

ところで、ポルトガルとスペインというと、この時代あることを進めていた。
それは植民地化。
そう、南米やフィリピンなどの植民地化を進めていた。

日本の中でも布教とともに植民地政策の姿が見えだしてきた。
キリスト教が広まりはじめ、キリシタン大名が出現。
キリシタン大名は領民から少年少女を取り上げ奴隷として献上し、代わりに武器弾薬を入手していたという。
さらにキリシタンによる寺社の破壊と僧侶への迫害も増えてきた。
これは危うし!

1587年、豊臣秀吉は、ついにキリスト教宣教と南蛮貿易(ポルトガル人、スペイン人との貿易)に関する禁制文書を出した。これが世に言う「バテレン追放令」。

そして1598年に秀吉が亡くなったのちは、この流れは徳川家康に引き継がれることになる。


つづく

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/637-3e9b9223
トラックバック
コメント
ワンコみたいな小豆島もええどぅ
miss.keydot 2015.01.07 07:18 | 編集
うわ~歴史ですね~
実は、すごく不得意
相当おバカなのです。高校時代赤点を取った記憶が
で、「歴史って多くなるから試験範囲増えて過去の人より損するじゃない」
と訳のわからないことを思ったものです。
改めて授業を受けたら好きになるかも(^-^)
オム先生よろしくお願いいたします。
Miyudot 2015.01.07 20:50 | 編集
miss.keyさん、こんにちは!
返信が遅くなりスミマセン。。


ワンコ???

・・・

あっ!
ホントだああああああ!!!!!!!
犬じゃん!!!!!

小豆島って、犬の形をしてたんですね
いやあ、知らなかったあ。。
貴重な情報、ありがとうございます!
Omunaodot 2015.01.09 06:43 | 編集
Miyuさん、こんにちは!
返信が遅くなりスミマセン。。

> で、「歴史って多くなるから試験範囲増えて過去の人より損するじゃない」
> と訳のわからないことを思ったものです。

あ、これ、わかります!
そうですよね
今の子供にとっては「1990年代のバブル崩壊」なんてのも歴史ですしねえ。。
どんどん増えるわけですね

では、そんなMiyuさんを歴史を好きにしてあげましょう!
(できるかなあ???)

Omunaodot 2015.01.09 06:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top