2013
05.19

ドラマチックシチー

Category: 競馬関連
昨日は天気も良く、おかげさまで楽しい一日を過ごすことができました。

さて、今日も馬の話を。


世の中に「ひと口馬主」というのがある。

馬主になるにはそれ相当の資産家である必要がある(審査がある)ので中々なれるものではないのだけれど、馬主気分を味わえるのがひと口馬主。

会社が会員をつのり、ひと口5万とか10万とか、会員は馬を選んで出資する。

ボクも以前、一番お手頃な「友駿ホースクラブ」の会員になって出資したことがある。

「自分の選んだ馬が1勝するまでは続けよう」
そう思って始めた。

競走馬の世界は厳しく、1勝もできずに引退するのが大半。
有名なダービーや有馬記念に出走できるのは、本当にほんの一握り。

で、結局3頭目の馬が3勝してくれた。
初勝利のときは本当に嬉しく、記念写真やレースのビデオを購入した。

でも、一番印象に残っているのは、最初に出資した馬。

ドラマチックシチー。

コクサイトリプルという、G1(グレードの一番高いレース)はダービー3着が最高で、なんで種牡馬になれたのだろうとさえ思う馬が父の、マイナー血統。

追っかけて、デビュー戦の新潟を皮切りに、毎レース見に行った。 

この馬は、10回走って結局1回も勝てなかった。
戦績は、順に、2、2、4、9、5、4、3、2、2、3着

要するに、いいところまで行くのだけど、勝ちきれない馬だった。
最後はライスシャワーの話(祝福を君に)で書いた的場さんが騎乗し、勝負がかりと思ったが1番人気で3着に敗退。

そのレース後、友駿ホースクラブから「骨折のため引退」との情報が……。

すぐさまどこにいるのかを確認し、茨城の武田牧場に会いにいった。

「すみません、ドラマチックシチーがこちらに来ていると伺いまして、会えますか?」
牧場の方にお願いしをして厩舎に行った。
「骨折は大丈夫ですか?」
「あー、骨折ではないいんですけどね……」
「え?」

まあ、世の中にはいろいろな事情があるのだろう。

血統的に劣る馬は勝ち上がれないのかな?
そんなことを思ってしまった。

厩舎に行くと、ドラマチックシチー、自分の中での通称ドラちゃんは、まるで「いらっしゃい!」って言ってくれているようにボクを迎えてくれた。

シルクのようなたてがみと、あたたかい肌。

それと、ぬいぐるみのようなつぶらな瞳。

撫でると、気持ちよさそうに頭をよせてくる。

とても穏やかで優しい表情。

もともと優しい気性なのだろう。
競馬場のパドックでも、いきりたった馬が多い中で、おとなしく落ち着いて歩いていた印象がある。
競り合いで勝てなかったのはその性格が災いしたようだ。

1番人気におされながら同僚のスバルシチーにクビ差で敗れた中山の一戦。
「あ、スバルくんだ! 一緒に走れてよかったね! いいよいいよ、先に行って」
そんなことを思ってしまう。

よく頑張ったよね。
君は勝つために走りたいわけじゃあなかったんだよね、きっと。

1勝もできなかった馬に残された道は「引退」しかない。

引退後は、……。

走らない競走馬を世話してくれるところなど、世の中にほとんどない。

人間の欲望の中で生きるサラブレッド。
ただただ速く走るためだけに、勝つためだけに、この世に生まれ、去っていく。

ドラちゃんはあの後どうなったのだろう。

優しい馬だから、どこかにひきとられていたらいいなあ……。

「もう帰っちゃうの? もっと遊んでよ」
すりよってくるドラちゃんとの別れ際、目が訴えていた。



あれから随分と長い時間がたつ。

でも、ドラちゃんは、今もボクの心の中で走り続けている。

ありがとう、ドラちゃん。

いつか、また、どこかで。

doracyan2.png
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/67-1399d24e
トラックバック
コメント
そうそう!
馬刺しが食べられなくなった要因の~
まさに私が見たのも、
「走らなくなった競馬馬」の仔だったな・・・・
欲望渦巻くそうぃう勝負の世界。
まことしやか残酷物語も聞きますが~
どうなのかしらね?

私ね、競馬のムチもらった事あるの。
あぁいう馬関係の小道具って機能美もあって綺麗ね。
HERMESとかもバッグより本当はそっちだもんね。
とにかく競馬の世界って華やかだけど、
いろんな事情や思惑も渦巻く世界なのだよね。
馬達にはそんな事、関係無い~いつも優しい目をしてる。
レイまま☆dot 2013.05.19 10:08 | 編集
レイままさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

なるほど、そうなんですね。。

毎年、1万頭くらい”生産”されるって聞いたことがあります。
だから、生き残れるのは本当にごくわずか。

裏に背負った宿命があるから、命がけで走っているから、華やかさの根底にはかなさと憂いがあって、だから美しいのかもしれないなんて思ったりします……。

馬の目は、本当に優しいよね~……。
Omunaodot 2013.05.19 10:38 | 編集
ド、ドラちゃん…
見える…!元気に駆けるドラちゃんの姿が…!
(`;ω;´)モワッ

馬ってほんと優しい目をしてますよねぇ。

っと…はじめまして、ゼドのまたーりブログのゼド君です。
(=゚ω゚)ノ

相互リンク、こちらからもお願いしますです。
僕のブログの方では既にリンクを貼らせて頂きました。
(´∀`)
ご確認ください♪

今後ともよろしくお願いしますですぅ。
ゼドdot 2013.05.19 13:02 | 編集
ゼドさん、こんばんは!
ご来訪&コメントありがとうございます!

> ド、ドラちゃん…
> 見える…!元気に駆けるドラちゃんの姿が…!

いやあ、めっちゃうれしいです!!
しかも、お気に入りブログにしてもらちゃって。。。

遊びに行きますので、こちらこそ今後ともよろしくお願いします!!
Omunaodot 2013.05.19 20:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top