2015
07.02

気になるアレを大調査!!

世間の注目の的、オムライス。
なんて、それはちょっと大げさだけど、確実にオムライスに関する情報は増えている。

みなさん、気になるアレを大調査ニュース しらべぇ をご存知ですか?

「しらべぇ」は、世の中みんなが気になることを、すぐに、徹底的に調べてニュースにするのがモットーで、月間100万PV(ベージビュー)を達成しているサイト。
何を調べていて知ったのかは覚えていないんだけど、最近、その存在を知った。

で、その「しらべぇ」に、こんな記事が掲載されていた。

オムライスの卵は薄焼き派・半熟とろとろ派どっちが多い?
新勢力「混ぜる派」とは?


おおおおお!!!!!!!
これは面白い!
ちょっと読んでみよう♪

ふわふわとろとろ卵のおいしいオムライスが作りたい
そう思ったことはありませんか? 
さくっとスプーンを入れるとやさしくトロトロに崩れる卵。
これに幸せを感じる人も少なくないはず。

一方、「半生状態の卵のドロっとした食感や匂いが苦手」という人もいます。
そんな人たちは「オムライスはもっぱら薄焼き卵だ!」と思っているのではないでしょうか。
そこで今回は、オムライスは「半熟派」と「薄焼き派」、どちらが多いのか調べてみました。

ふむふむ。

結果やいかに。

【質問】「オムライスの卵は薄焼き?半熟とろとろ?」

総投票数:10,326票(%は小数点以下切り捨て)

・薄焼き派:38%
・半熟とろとろ派:61%

へえ、そんあんだあ。
確かに世の中はとろとろオムライスが増えている。
まあ、同じオムライスでも各々違う食べ物のようで、ボクは両方とも好きだけどね。
その時の気分によって変わる。
でも、最近は「とろとろ」にちょっと飽き気味で、どちらかと言うと定番の薄焼きケチャップがけが好きかな。。

更に記事を読み進めると……。

■オムライスに「混ぜる派」が台頭!?

このようなオムライス論争にいま、「混ぜる派」という新たな波がきています。
通常ならオムライスを作る場合、チキンライスを作ってからその上に焼いた卵をのせます。
しかし、ご飯にミックスベジタブルやベーコンなどをお好みで混ぜ合わせ、ケチャップと塩で味を付け、そこに生卵を混ぜてから焼くという斬新な方法があるそうです。

これは日本テレビ系列のドラマ「Dr.倫太郎」で登場し、現在話題になっている作り方。
今後、オムライスの卵は2択ではなく「混ぜる派」を含めた3択になるかもしれません。

ん?
混ぜる派?
斬新な方法?
現在話題?

これって、タモリ流オムライスじゃん。。

以下、昨年の6月に書いた記事。

料理の腕も有名なタモリさん。
そんなタモリさん考案のオムライス、「タモライス」が「美味しすぎる」と評判!
今日はその「タモライス」の紹介。誰でも少ない材料で簡単に作れちゃいますよ!!

以下、Pouch ( ← リンク ) より。

◆材料(2~3人分)

ご飯 2膳
ミックスベジタブル 適量
ケチャップ 大さじ6~7
塩 適量
胡椒 適量
卵 2~3個
オリーブオイル 適量
ケチャップ 適量
お好みでマヨネーズ、粉チーズ、サルサソース 適量

◆作り方

1. ご飯と食材を混ぜる
ご飯と解凍したミックスベジタブル、ケチャップ、塩、胡椒をボール等に入れ、スプーンでかき混ぜます。
インターネットユーザーのなかには、独自のアレンジとしてマヨネーズ(適量)を入れている人もいるようです。

140625tamorice2.png

140625tamorice3.png


2. そのご飯に卵を入れて混ぜる
食材を入れてよくかき混ぜたご飯に、生卵を入れてよくかき混ぜます。まるで卵かけご飯のように、トロトロになるまでかき混ぜましょう。

140625tamorice4.png


3. フライパンで焼く
オリーブオイルをフライパンにしいて、そこにトロトロになったご飯を入れます。
炒めるというより、オムライスのような形状(ラグビーボールのような形状)になるように、フライパンを回転させたりゆらしたりします。

140625tamorice5.png


ここで注意して欲しいのは、炒めすぎない事です。このオムライスはご飯内部のトロトロが重要なので、炒めすぎて水分がとんでしまうとまずくなってしまいます。
炒めすぎずに、卵が半熟の状態でもいいので形が整ったらお皿に移してしまいましょう。

140625tamorice6.png


4. ケチャップをかける
お皿に移したら、ケチャップをかけて仕上げの味付けをしてできあがりです。
インターネットユーザーのなかには、ここで粉チーズやサルサソースをかけて食べている人もいるようです。

140625tamorice1.png

うん、これは試してみたけど、結構いける。
興味のある方はぜひに。。

ところで……。

「Dr.倫太郎」で登場したオムライスのもとはタモライスだけど、タモライスにしても大もとはこれではないかと思う。

元祖オムライス。

大阪の北極星と並び、オムライスの発祥と言われている「煉瓦亭」。

140420renga1.png


1895年(明治28年)創業の老舗だ。
1900年(明治33年)頃の話だけど、煉瓦亭では従業員の賄い飯として手早く食べられるものはないかと、ご飯とオムレツが一緒になったものを作るようになった。これを目にしたお客さんが「食べたい」と言いだし「ライスオムレツ」の名でメニューに載るようになったそうだ。で、これが今の煉瓦亭のメニューにある「元祖オムライス」。

140420renga2.png

このオムライスは、「たまごで包む」のでも「たまごを乗せる」のでもなく、「たまごを混ぜる」つくり方をする。
そう、これぞDr.倫太郎のオムライスやタモライスの原点!
というか、オムライスそのものの原点。

いやあ、すごいなあ。
まわるまわるよ時代はまわる♪
喜び悲しみくり返し♪

時を経て、「元祖」が「斬新」と言われるオムライス。
時空を超えて駆け巡るオムライス。
いつの時代にも人々の生活に密着したその存在の大きさを、改めて実感した次第である。
(う~ん、最後まで大げさ!)

ではでは!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/749-c1df753c
トラックバック
コメント
おはようございます
オムライスはちょっとした工夫で美味しくなるんだなと思いました。
ネリムdot 2015.07.02 08:15 | 編集
ネリムさん、こんにちは!

返信が遅くなりスミマセン。。
そうですそうです!
オムライスって、さまざまな創作ができるんですよ~
十人十色
オムライスにもいろいろな人のこころがこもってます♪
だから飽きないんです
そんな風に思っていると、もちろん、美味しさも増しますよ!!
Omunaodot 2015.07.05 09:07 | 編集
こんにちは。

流行は繰り返す、ですね。
ちなみに自分はとろふわ派です。
野津征亨dot 2015.07.05 16:54 | 編集
 な、生オムライス・・・何でもないです。
miss.keydot 2015.07.05 18:12 | 編集
野津征亨さん、こんにちは!

そうですね
流行りは繰り返すって実感しますね。。

> ちなみに自分はとろふわ派です。

おっ!
なるほど~
猫とオムライスが好きな野津征亨さんには、愛知県の金山にある「御馳走オムライス館 ネコ目」のオムライスがお薦めです!!
Omunaodot 2015.07.06 06:07 | 編集
miss.keyさん、こんにちは!

オムライスにもいろいろありますからね。。
あ、ほら、miss.keyさん特製もあるじゃないですか!!!
今度作ってみようかなあ・・・

Omunaodot 2015.07.06 06:10 | 編集
このまぜまぜにする作り方は、元祖だって知っていましたよ。
おまけに作ったこともあります。
フライパンを使わず、レンジで短くチンしてもできますよ。

この前テレビでタモリが、コンビニなどの幕の内弁当の具を
全部包丁で細かく刻んで、ご飯と一緒にフライハンで炒めて、
「幕の内チャーハン」というのを作って食べていました。
けっこううまそうでした。
つかりこdot 2015.07.06 13:08 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

おー!
さすがつかりこさん!!

なるほど、レンジでもできそうですね
そうそう、電子レンジっていろいろできますよね。。
とろけるチーズとトマトジュースとご飯(+お好みの具)でリゾットとか・・・

幕の内チャーハン、美味しそうですね!
こういうの、発想も食べ物自体も大好きです
今度やってみます♪

Omunaodot 2015.07.07 05:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top