2015
07.05

マンマ・ミーア!

Category: その他
遠い昔の音楽鑑賞会でのこと。
ボクは高性能ステレオから流れるそのグループの音楽の虜になった。

感動が止まらない。
英語なので歌詞の意味はわからない。
でも、言葉を超えて、心に飛び込んで来る。
こころ躍らせる旋律と透明感にあふれる声。
音楽って、なんて素敵なんだろう……。

音楽に目覚めた瞬間だった。
親にせがんでステレオを買ってもらい、そのグループのアルバムを購入した。

そのグループの名前は、ABBA。
1970年代に世界中で絶大な人気を博したスウェーデンのポップ・ミュージックグループ。
シングルとアルバムの総売り上げは3億7000万枚超え、世界で最も売れたアーティストに名を連ねている。

これがはじめて買ったABBAのアルバム。

150705abba2.png


ARRIVALの輸入盤。

ABBAは1983年に活動を停止し実質的に解散した。
しかし、その音楽は今でも人々の心を魅了し続けている。

代表的なのがマンマ・ミーア!(mamma MIA!)。
ABBA のヒット曲22曲にて構成されるミュージカルで、ギリシャの小さな島のホテル「サマー・ナイト・シティ・タベルナ」を舞台とした母子家庭の物語(2008年に映画化もされている)。
1999年4月6日、ABBA がユーロビジョンコンテストで優勝した日のちょうど25周年にあたる日にロンドンで初演され、日本では劇団四季が公演を続けている。
ちなみに「マンマ・ミーア」はイタリア語で「なんてことだ!」の意味。

150705abba3.png


以下は劇団四季のサイトに掲載されているマンマ・ミーアのストーリー紹介記事。

舞台は、海と空の青さがまぶしいエーゲ海に浮かぶ小島。ここで小さなホテルを営んでいるのは、シングルマザーとして娘を育ててきたドナ。
20歳のソフィは、恋人スカイとの結婚式を控え、父親とバージンロードを歩くことを夢見ています。
母の昔の日記をこっそり持ち出して読んだソフィは、サム、ビル、ハリーというドナのかつての恋人たちをこっそり結婚式に招待してしまいます。
本当のお父さんなら一目でわかるはず…。
そして迎えた結婚式前日。
ドナの若かりし頃のバンド仲間、ターニャとロージーに続いてホテルに現れた3人の男。ソフィが招待状を出したかつての恋人が全員一度にやってきたのです。
ドナは仰天、ソフィは本当の父親が誰なのかを探り出そうとしますが、なんと全員が「自分が父親だ」と名乗り上げてしまいます。大混乱に陥ったソフィ。
結婚式は刻一刻と迫ってきます…。

150705abba1.png


さてさてこの先はどうなるのだろうか???
ソフィの父親候補は、サム、ビル、ハリーの3人。
物語の中では、結局ソフィの父親が誰なのかは述べられていない。
でも、ドナとサムがこの物語の主役。
式の準備を行うドナとソフィ。やがて準備ができたソフィは結婚式場へと向かう。
ひとりになり今までの人生を振り返るドナ。
そこにサムが……。

ここで歌われるのが、「The Winner Takes It All」。




ドナがサムの目の前で心境を歌い上げている。
かつて、サムとの恋に破れたドナ。
勝者がすべてを奪っていく恋愛ゲーム。
ドナはそのルールと運命に従わなければならないと……。

かつては歌の意味なんて考えずに聴いていたABBAの歌。
人生経験を重ね、意味を知り、とても心に沁みる。

さて、物語は進み……。

式場でソフィは、結婚する前にまだやりたいことがあると式を延期することに。
もちろん、スカイの賛同を得て。

ここで式は終わるかと思いきや、な、なんと!!!
サムがドナにプロポーズ。急遽、サムとドナの結婚式へと早変わり!
笑いと涙の物語。興味があるかたは、ぜひマンマ・ミーアをご覧ください。

では最後に、ABBAの曲とともに、The Winner Takes It Allの歌詞とOmunao訳を。
聴きながら、どうしようもなく、涙があふれてくる……。




The Winner Takes It All

I don't want to talk
About the things we've gone through
Though it's hurting me
Now it's history
I've played all my cards
And that's what you've done too
Nothing more to say
No more ace to play

The winner takes it all
The loser standing small
Beside the victory
That's her destiny

I was in your arms
Thinking I belonged there
I figured it made sense
Building me a fence
Building me a home
Thinking I'd be strong there
But I was a fool
Playing by the rules

The gods may throw a dice
Their minds as cold as ice
And someone way down here
Loses someone dear
The winner takes it all
The loser has to fall
It's simple and it's plain
Why should I complain

But tell me does she kiss
Like I used to kiss you?
Does it feel the same
When she calls your name?
Somewhere deep inside
You must know I miss you
But what can I say
Rules must be obeyed

The judges will decide
The likes of me abide
Spectators of the show
Always staying low
The game is on again
A lover or a friend
A big thing or a small
The winner takes it all

I don't want to talk
If it makes you feel sad
And I understand
You've come to shake my hand
I apologize
If it makes you feel bad
Seeing me so tense
No self-confidence
But you see
The winner takes it all
The winner takes it all

Songwriters: Ulvaeus, Bjoern K / Andersson, Benny
The Winner Takes It All lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Universal Music Publishing Group


ふたりの過去なんて話したくない
胸は痛むけれど、もう昔のこと
カードはみんな使い切ってしまったわ
あなたも同じでしょ
これ以上言うことなんてないし、切り札もない

勝者はすべてを持っていくの
敗者は勝利の横で小さくなって立ちすくむだけ
それが運命

あなたの腕の中で、そこが私の居場所だと思ってた
それが当たり前だと思ってた
フェンスを立ててくれて
家を建ててくれて 
そこにいれば、怖いものなんてなく
堂々と安心していられる気がしてた
でも、バカみたい
ルールに従ってたのよね

神様は氷のように冷たい心でサイコロを投げる
そして、大切な人を失うの
勝者はすべてを持ち去り、敗者は倒れる
簡単でわかりやすいことだわ
文句なんて言えないじゃない

でも聞かせてほしいな
彼女は私がしてたようにあなたにキスをするの?
名前を呼ばれたら同じ感じがするの?
本当はあなたが恋しい
こんな気持ち、こころのどこかで知っていてほしい
でも なんて言ったらいいんだろう
ルールに従わないと

ジャッジは下され私はそれを受け入れるしかない
ショーの観客はいつもじっと座っているだけ
ゲームは繰り返されるの
恋人だって、友達だって
大きなものも小さなものも、勝者はみんな奪っていくの

あなたが悲しくなるなら、もう話すのは終わりにするわ
うん、わかってる 
さよならの握手をしに来てくれたのよね
ごめんなさい
気持ちが高ぶって、自信も失った私を見て気分を悪くしたなら謝る
でもわかるでしょ
勝者はすべてを持っていくの
勝者が、すべてを奪い去っていくの……

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/750-71ba7299
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top