2015
07.27

愛を知る県訪問記 その5 天下分け目の関ヶ原

さかい珈琲でオムライスを堪能したのち、向かったのは天下分け目の関ヶ原。
関ヶ原の合戦にて徳川家康率いる東軍が勝利し、江戸時代、そして現代へと続いていると思うと感慨深い。

降ったりやんだりの天気だったけど、幸い、関ヶ原についたときには傘は不要。
駐車場に車をとめて関ヶ原ウォーランド ( ← リンク ) を見学。

園内には、合戦を戦った人物の人形が飾らている。

150726aichi4.png

150726aichi6.png



徳川家康、石田三成、小早川秀秋、……。
関ヶ原の合戦とは、1600年に、……なんて書きたくなるけど、「関ヶ原ウォーランド」では別の興味にとりつかれた。
そもそも「関ヶ原ウォーランド」という和洋折衷の名前がすごいのだけれど、人形の表情が……。

こんなのとか。

150726aichi7.png


こんなのとか。

150726aichi8.png


なんだか妙に笑える。

中には武田信玄の亡霊という人形もあり、
我こそは武田信玄の亡霊じゃ!!もう争いはやめい!ノーモア関ヶ原の合戦じゃ!
と書かれている。

一体この人形を作ったのは誰なんだろう???

ということで調べてみた。

えーと、作者は……。

浅野祥雲さん!

では、wikipediaを見てみよう!

浅野 祥雲(あさのしょううん、1891年 - 1978年)は、日本のコンクリート像作家。
作品は中部地方を中心に800体近くが現存しており、ほとんどが身長2メートル以上の人物像(仏像)で、コンクリートの表面にペンキで着色され、一箇所に集中して林立することが特徴である。

ふむふむ。

リアルさ・稚拙さ・ユーモラスさをあわせ持った作風で、一度見たら忘れられない強烈さから一部で人気を博している。

ウオオオオーーーーーーー!!!!!!
そうそう、納得なっとく!

2008年12月12日放送の『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)において、「偉大なる造型家 浅野祥雲 没後30年記念 大回顧展!!」と題して作品が紹介された。
2015年4月8日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日)において、「新・3大 浅野祥雲作・コンクリート像の“忘れられない表情”」と題して作品が紹介された。

ウオオオオオオオーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!
この辺の番組で取り上げられるのも妙に納得!

いやあ、何といったらいいんだろう。
B級グルメならぬB級テーマパーク。
とにかく妙な面白さがあるので、ぜひ一度ご訪問を。。

帰りには、お土産に名物を購入。

こちらは株式会社 長登屋の「小倉トースト風 フィナンシェ」。
3連単的中の神様に感謝して、名古屋と言えばアンバター。

150726aichi9.png


もうひとつは柿を使った羊羹、株式会社 槌谷の「のし柿」。
槌谷は宝暦五年(1755年)に大垣城下町で創業した老舗で、のし柿は岐阜県特産の「堂上蜂屋柿」の濃厚な甘さを活かし、羊羹とともに練り上げたゼリー風の銘菓。

150726aichi10.png


おいしいお菓子も購入できて大満足♪
あとは夕飯を食べてかえるだけ。
名古屋に向かって車を走らせ帰路につく。

と、曇天の空からぽつりぽつりと雨が……。
走る地は養老町。
ちょっとひなびた雰囲気の地に降る雨が、なぜだか郷愁を誘う。

ノーモア関ヶ原じゃ!

ん?

突然、信玄の亡霊の言葉が耳に響く。

血で血を洗う戦。
国内で天下統一の争いをしていた戦国時代。
関ヶ原で、一体、どれだけの人が命を落としたのだろう……。

もうすぐ8月がやってくる。
ノーモアヒロシマ。
ノーモアナガサキ。

平和であること。
祈り。
ユーモアを交えて関ヶ原を観光できる幸せ。

150726aichi2.png


未来

希望
そして、愛

降りしきる雨の中、戦の地にて、平和を知る。

150726aichi11.png

つづく

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/764-8851bcd0
トラックバック
コメント
小倉トースト風フィナンシェ、最近有名なようです。
名駅のお土産売り場でも結構な人気なようですが、
食べたことはありません・・・。
美味しかったですか?
バニーマンdot 2015.07.27 21:03 | 編集
バニーマンさん、こんにちは!

はい、美味しかったですよ!
しっとりとしていて、バターの風味と小倉あんのほどよい甘さが生地とマッチしています
小ぶりなので食べやすく、パクパクといけちゃいます
えびせんの「ゆかり」も買いました!
これがまた大好物でして。。
甘いものとしょっぱいものの組み合わせ
いくらでもいけちゃいますね♪

Omunaodot 2015.07.28 06:01 | 編集
ここって子供が小さい時に行ったような気がします。長浜に向かう途中 立ち寄ったような・・・・・。
あの頃は二度と行かないって思ったけど、もう一度行ってみようかな~ 
かなり変わったかな??相方に相談したら却下されるかも・・・
自遊自足dot 2015.07.29 05:49 | 編集
自遊自足さん、こんにちは!

> ここって子供が小さい時に行ったような気がします。長浜に向かう途中 立ち寄ったような・・・・・。
そうそう、琵琶湖も近いですよね!
今思い返すと、もう少し足をのばして琵琶湖まで行ってもよかったかあなあって思います。

> あの頃は二度と行かないって思ったけど、もう一度行ってみようかな~ 

面白いと思いますよ!
「さびれた感」が何だか不思議空間を演出してくれているような気がします。
でもまあ、「目的地」というよりは、「立ち寄り場所」かもしれません。。

> かなり変わったかな??相方に相談したら却下されるかも・・・

では、「緊急重要案件」ということで家族会議を開催くださいませ笑

Omunaodot 2015.07.29 06:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top