2015
09.03

秋霖に打たれこころ彷徨う

Category: ストーリー
悪天候が続く毎日。
日中はまだ蒸し暑さが残るものの、一雨ごとに確実な秋の訪れを感じる。

人影のない海の家。
仲間を求め、ひとり最後の力を振り絞る蝉の声。

去り行く夏。
秋は過ごしやすくとても好きな季節だけど、でも、ちょっと寂しい。

こころの隙間に雨が降る。
秋霖に打たれ、ひとり彷徨う。
ちょっと感傷にひたりながら、好きな曲を題材に思いついた過去記事ふたつの再掲載……。



夢飛行


休日前夜。
お気に入りのバーボンを味わいながら、これまたお気に入りの音楽に耳を傾ける。
激流のごとく時間の中にあったこころは、次第に弛緩し、海に注ぐ大河の時間に溶け込んで行く。

部屋の灯りを落とす。
日常から離陸したボクのこころは、ゆっくりと上昇を続け、30,000フィートに達したところで安定飛行に移る。

バーボンと溶け合う、ロックグラスの透明な氷。
シルクの風を受け、自在に飛び回るこころ。

時間(とき)は、ゆったりと流れ行く。
人生における、至福の時間だ。

140119bourbon1.png


● Sleepwalk(夢飛行) Larry Carlton






雨待ち風


いやあ、まいったよ。

君とふたりで一本のマイクに笑顔を寄せ合い歌っていた歌。
まさか、その世界が現実になるなんて。

何となく嫌な予感はしてたんだ。
君と会っている時間があまりにも楽しすぎて、本当に夢のようだったから。
未来を恐れて、決して止まることのない時間を必死で止めようとする自分がいた。

君がくれた宝物。

それはそよ風の声。
それは夕なぎの瞳。
それはシルクの手。

そして、決して色あせることのない、キラキラと輝く思い出。

永遠なんてありえない。

そうつぶやく君の笑顔はどことなく儚げだった。
近くて遠い、手に入れてはいけないもの。
そんな簡単なことに今さら気がついた。

ふたりで通ったオムライスの店。

あの席に座るのが、まだちょっとだけつらいから、今日は買って帰る。

なんだか雲行きが怪しくなってきた。

ほかほかのオムライスがさめないうちに、
雨がほほを濡らさないうちに、
早く帰って食べるよ。

君がため……。

「ありがとう」を乗せた書きかけの夢が、音もなく散って行く。

140119amemachikaze1.png


● 雨待ち風 スキマスイッチ




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/785-e1dad2c9
トラックバック
コメント
(前にも、反応したっけ?)

ラリー・カールトンのこの曲、ご存知なんですね?
このアルバム、僕も大好きです。
夜中にバーボン、が似合いますよね。

ギターを一所懸命コピーして、
途中であきらめた思い出もよみがえります。(ははは)
つかりこdot 2015.09.05 17:20 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

またまたありがとうございます。。
こういう曲を聴きながらのバーボン、ん?、逆かな?
バーボンを飲みながらこういう曲を聴く・・・
まあ、どちらでもいいのですが、とても幸せな時間です

> ギターを一所懸命コピーして、
> 途中であきらめた思い出もよみがえります。(ははは)

ボクも「なりきりboy」になって練習してましたよ笑
懐かしいですねえ。。
つかりこさん、ここらで再挑戦はいかがでしょうか???
Omunaodot 2015.09.08 05:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top