2015
09.08

ふらっか~ず

Category: その他
なるほどと思う企業や商品名の由来。
先日の記事に、北海道生まれの広告制作会社勤務で、スポーツ、飲み食い、音楽、読書、映画などなど、興味と興味深い記事ががゆらゆらゆらゆら揺れる「ゆらゆら草」 ( ← リンク ) のつかりこさんから、とっておきのコメントを頂いた。

以下、全文引用。

**************************************

ではでは、とっておきのハナシを一発・・・。

昔、某自転車メーカーの新製品のネーミングの依頼を受けたんですよ。

自転車の前カゴって、たくさん荷物を積むとハンドルがフラフラしますよね。
その製品は、カゴや子供用の座いろいろ席が、ハンドルの中心の重心軸に置いて、フラフラしないように作られたものだったんですよ。

それで、「○○バスケット」とか「ジャイロ」とかママさんということで「トート」とか、100案以上も考えたんですが、いい感じのネーミングでも同業種の登録商標にひっかかって、全然きめられなかったんです。
「車」や「バイク」、「自転車」などのネーミングは、実際に使われていなくても、ものすごくたくさん登録されていて、ちょっと語呂のいいものはほとんど他社の権利下になっているんですよ。

それで、乗り物にふさわしい名前はまったくだめだ、ということでやけくそで、いくつか出した中に「ふらつか~ず」というのを入れといたんです。
ハンドルがふらつかないから、「ふらつか~ず」です。
「階段すべらーず」と同じ発想です。(笑)

けっきょくそれに決まって、「ふらっかーず」となったのが、丸石自転車の「FRACKERS」なんです。

なに、知らない?
小さい子のいるママさんの間では、まあまあ知られているんですよ。

とんだ、自慢&宣伝になっちゃいましたが、僕も丸石も弱小なので、まあ、いいじゃないですか。

**************************************

うおおおおおおお!!!!!!!!!!!
これは面白い!

早速、FRACKERSのサイトを訪問。

以下が「ふらっか~ずについて」のページに書かれている内容。

ネーミングの由来にもなった、ふらつき防止機能の進化は当然ながら、大切なお子さまを乗せるベビーチェアにも大幅に改良を施しました。
これまで以上に、安全に快適に走れるのはもちろん、より使いやすく長く愛用できる1台に なりました。
安全、高品質、品格を兼ね備えた「ふらっか~ず」。
洗練されたデザインと豊富なカラーも加わり、お洒落なママたちも納得。
子ども乗せ自転車を作り続けてきた「丸石サイクル」ならではの技術と信頼の結晶です。

150908jitensya2.png


へえー、確かに、ふらつき防止機能がネーミングの由来だあ。。

「ゆりかごに優しく包まれるたまご」のイメージのロゴもいい!

150908jitensya1.png


素敵な思いが込められた自転車。
こういう商品は、いつまでも変わらずにあり続けてほしい。

つかりこさん、素敵なおもしろ情報をありがとうございました!!

さてさて。

自転車と言えば……。

やっぱこれでしょう!

男の子たちを虜にした自転車。

そう、スポーツサイクル!
別名、フラッシャー付き自転車。

以下は、記憶をくすぐる大人のWebメディア「ミドルエッジ」 ( ← リンク ) より。

子供達が憧れて乗る自転車は、ジュニアスポーツ自転車という商品として確立していました。
昭和40年代半ば~昭和50年代半ば、日本の1970年代に小・中学生時代を過ごした子供(主に男子)にとって避けて通れない存在でした。

では、つかりこさんに敬意を表して、先ずは丸石サイクルの逸品!
石野真子さんがCMキャラ。

150908jitensya3.png


続いてはナショナル。
こちらは三原順子さん。

150908jitensya4.png


う~む。
これ、今乗ってたらめっちゃ目立ちそうだなあ。。
探したらあるのかなあ。
スーパーカーブームもあって流行った自転車だけど、今ではスーパーカーよりも希少かも……。

では、今日の最後はこの曲で。


● 自転車泥棒  ユニコーン




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/787-5dfffc5f
トラックバック
コメント
おお、ウチのサイトをご紹介いただき、
ありがとうございました!

あー、丸石の宣伝と僕の自慢を増長させちゃいましたねー。
世間がオリンピックエンブレムの盗作問題に沸いているので、
マークやネーミングって、いかに既存のものとかぶるか
っていいたかったんですよー、ホントは。
でも、ありがとうございました!

小学校の時、写真のやつに近いカタチの
ナショナルのフラッシャー自転車に乗ってました。
つかりこdot 2015.09.08 20:08 | 編集
こんにちは。
もちろん、知ってますよ、ふらっか〜ず。初期型に乗ってましたもの。まだ前と後のタイヤの大きさが同じでねぇ、子どもを乗せるのが結構大変でした。今は前輪の方が小さくなって、背の小さいお母さんでも利用しやすくなってますよね。
一番の特徴は子どもを乗せないと安定しないこと、でしょうか。空荷だとちょっと走りづらかったです。今のは少しは改良されたかな?
ケフコタカハシdot 2015.09.08 22:54 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

とっておきの話、ありがとうございます!!
これは紹介するっきゃないっしょって思いきりテンションがあがりまして、
今はもう、外にいるとき「ふらっか~ず」に注目しちゃいそうです

あ!
それはやばいですね。。

> 世間がオリンピックエンブレムの盗作問題に沸いているので、
> マークやネーミングって、いかに既存のものとかぶるか
> っていいたかったんですよー、ホントは。

これはどこかで意見を書きたいところです。

> 小学校の時、写真のやつに近いカタチの
> ナショナルのフラッシャー自転車に乗ってました。

えー!
うらやま!!!
Omunaodot 2015.09.09 06:14 | 編集
ケフコタカハシさん、こんにちは!

おー!
そうなんですね!!!!
乗ってらした
へえ~
なんだか、わけもなく嬉しいです。。

> 一番の特徴は子どもを乗せないと安定しないこと、でしょうか。空荷だとちょっと走りづらかったです。

なるほど
そうかあ、逆に乗せてないと安定しないんですね
と言うことは、子供をのせていないときは代わりに何か重いものを乗せて走った方がいいんですね。。
大きなプーさんを乗せて走るとか・・・

Omunaodot 2015.09.09 06:20 | 編集
> そうかあ、逆に乗せてないと安定しないんですね

↑そうですねー、慣れないと少しとまどうかもです。
重心とかのせいではなくて、
ハンドルの位置がフツーの自転車よりやや前気味で、
ハンドルの回転軸がフツーの自転車より立っているからなんです。
いまは、ハンドルの握り部分を曲げて、
改善されているかもしれませんねー。
ブリジストンも真似をして作りましたが、
これは日本が世界に誇ることのできる発明なんですよ~。
つかりこdot 2015.09.09 22:53 | 編集
おはようございます
素敵な自転車だと思います。
ネリムdot 2015.09.11 08:00 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

ハンドルの位置ってすごく影響しますよね。
車でも、前輪がハンドル位置より後ろにあって、なおかつ軽い軽トラックなんてふらふらしますもんねえ。。

何気なく見ていましたが、よくよく考えると、確かにすごい技術ですね。
いやあすごいなあ。。
自転車ひとつで勉強になるし、感動すら覚えます・・・
Omunaodot 2015.09.12 07:16 | 編集
ネリムさん、こんにちは!

素敵ですよね!
ちょっと大げさかもしれませんが、技術の結晶、これぞキッカイコン(機械に宿る魂)を感じます。
人間の英知がこういった方に注がれるといいんですけどね・・・
Omunaodot 2015.09.12 07:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top