2015
10.05

小銭を握りしめて、大人買い

Category: お菓子
二俣川駅構内に入るやいなや、忽然と現れた異空間。
「ハウルの動く城」か、はたまた「カリオストロの城」か。
自然と足が向き、体が吸い込まれていく。

大きな看板が眼前に出現。

151005niki1.png


そう、ここは、「上野アメ横 二木の菓子」。

「二木の菓子」は、1947年(昭和22年)に設立された昭和を彩る菓子の小売・現金問屋。
かつて、初代林家三平師匠の「ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!」のCMが一世を風靡した。



関連会社に「二木ゴルフ」がある。



以下は二木の菓子のサイトより。

***********************************

昭和22年、現在のアメ横周辺に簡易マーケットが建設されていた頃、二木源治が、現在の板橋区に二木食品工業所と名づけて『おこし』、『バクダンあられ』、 『かりん糖』などの製造、行商を始めたのが始まりです。

この頃は、御徒町の一角わずかダンボール箱1つほどの面積で販売をしました。
これが現在の二木の菓子の原点です。

二木の菓子の歴史昭和24年12月になると、御徒町に店舗をかまえ、菓子製造を中止し販売に業態を変化させました。
昭和26年6月には、現在の第一営業所を設立し、現金問屋としての方針を打ち立て『現金問屋 二木の菓子』となりました。
昭和31年1月に第二営業所(現在のアメ横通り二木ゴルフアメ横店の場所)を開設すると同時に社名を『株式会社 二木』と改めました。
この頃の二木の小売りは、現在のようなビニール詰めではなく、『目方売り』、『計り売り』でした。
1キロいくら、2キロで何円という具合に紙袋にその都度詰めていました。
このやり方は、昭和40年代前半まで続きました。
並行して、『混ぜ売り』も行っていました。例えば、キャンデーとさきいか、品川巻をあわせて千円といった具合です。

昭和40年以降は珍味がよく売れていました。この頃より、店内の様子も現在に近くなっていきます。
昭和48年、第二営業所の場所にゴルフ用品専門店『二木ゴルフ』開店に伴い、現在のビック館の位置に第二営業所を移転いたしました。

現在の売り場は、扱う品目も増大し、多種多様な商品が並んでいます。
昔懐かしいお菓子から最新のお菓子、珍しい輸入菓子など見ているだけでも楽しいお店です。

平成8年より、アメ横以外の地区にも出店しています。菓子・食品の他ペットフードを取り扱っています。

二木の菓子の歴史平成15年6月、第二営業所がビック館としてリニューアルオープンしました。
従来より、扱う品目の増大(珍しいものもたくさん)、店内も楽しいイラストでいっぱいなど色々楽しさあふれるお店です。

***********************************

レトロな絵が郷愁を誘う。

151005niki2.png


膨大な数の、菓子、かし、kashi!

151005niki4.png

151005niki6.png


時期的にハロウィン商品コーナーもある。
ちょっとわかり辛いけど……。

151005niki3.png


源氏パイ vs 平家パイ。

151005niki7.png


そして駄菓子の大人買い。
先ず目についたのがカステラ。

151005niki10.png


これは必須でしょう!

151005niki11.png


いいねえ、きびだんご!

151005niki5.png


上野アメ横と言えば、浅草の銘菓は外せない!

151005niki9.png


おっ、うまそう!
九州のさつまいも菓子。
しかも安い!

151005niki8.png


次々とカゴの中に収まるお菓子たち。

と、次の瞬間、ボクの目は「そのお菓子」に釘づけになった。

あっ!

こんなところに……。

感動があふれ出す。

ずっと探し求めていたものが……。

天は我を見放さなかった。

コンビニでは手に入らない、そのお菓子。

興奮が押し寄せ、手が震える。

落ち着けomunao。

大きくひとつ深呼吸をする。

右手と右足が同時に出るぎこちないロボットのように、そのお菓子に手をのばす……。

つづく

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/805-00e478ec
トラックバック
コメント
わあ~たくさんのお菓子ですね。
源氏パイ良く買います。形がハートで可愛いですよね。
平家パイってあるのですね。知らなかった。

カステラ
串に刺した団子みたいなカステラ
これもまた懐かしい。
最近、見かけませんね。

懐かしいお菓子をみると子どもの頃を思い出しますね。
紐を引く飴、サクランボ、ラスクなど
店番のおばちゃんも明るい方でしたね。

懐かしいですね。

こちらに、「しるこサンド」というお菓子がありますが、
これもまた美味しいですよ。今もちゃんと売っています。
Miyudot 2015.10.05 07:06 | 編集
そういえば昔、二木の菓子の系列で
「二木のパン」というお店が地元にあって
そこでアルバイトをしていました

そして日曜日になるとパン一個でも買ったお客様に
二木の菓子一袋をあげるというサービスがあったので
お客さんがひっきりなしに来ていたのを思い出しました
柴犬はなdot 2015.10.05 13:48 | 編集
二木の菓子、ウチの近くにあるんですよ。
やっぱり二木ゴルフと関係あったんですねー。
しかも、お菓子のほうが先だったとは!

僕の印象では、ナショナルブランド品より
せんべいやおかきのようなローカル菓子のほうが
かなり安かったような。

探し求めていたお菓子、何なのかとても気になります。
つかりこdot 2015.10.06 02:56 | 編集
Miyuさん、こんにちは!

まるで幼少の頃に戻ったような懐かしさにあふれています。
水あめ、口の中が真っ赤になる着色料のかたまりのような飴、それに5円ヨーグルト・・・

平家パイも美味しいですよ!

> こちらに、「しるこサンド」というお菓子がありますが、
> これもまた美味しいですよ。今もちゃんと売っています。

あ!
しるこサンド、二木の菓子にありましたよ!
うん、確かに美味しそうだなあって思いました
今度買ってみますね!
Omunaodot 2015.10.06 05:11 | 編集
柴犬はなさん、こんにちは!

えー!
「二木のパン」もあるんですね!
それは初耳です。。

ということで、ちょっと調べてみると・・・

なるほど!
関連会社の「二木商会」が経営してるんですね!

> そして日曜日になるとパン一個でも買ったお客様に
> 二木の菓子一袋をあげるというサービスがあったので
> お客さんがひっきりなしに来ていたのを思い出しました

これ、すごいですね!
「二木」だからこそできるんですね。。
もしかしたら、グリコのおまけのようにパンではなくてお菓子を目当てに買いに来るお客さんもいたりして(笑)
Omunaodot 2015.10.06 05:19 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

おっ!
あるんですね、二木の菓子!!

確かにせんべいやおかきがとても安いですね
「お徳用」も多いですし、まるで問屋で仕入れているような感覚になります。。

しかしこれだけいろいろとあると、今度は何を買いに行こうかなってわくわくしますね
大量買いしてもかなり安いですし・・・
買いに行く電車代の方が高いかもしれません(笑)
Omunaodot 2015.10.06 05:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top