2015
10.24

田園に広がる南欧

Category: その他
美濃高田駅から歩いて20分ほどのところにそのホテルはある。

ゆせんの里 ホテルなでしこ ( ← リンク )

どこまでも高い空。
美しい緑の山。
たたずむ田園。
聞こえてくるのは、秋風の声。

151019nagoya1.png


そんな都会の喧騒とは対極の風景の中に広がる異次元空間。

151022nagoya1.png

151022nagoya3.png


入口を入ると、ゆったりとしたロビーが視界に飛び込む。
チェックインをすませ、部屋へと向かう。
中庭を挟んで、スペインのコスタ・デ・ソルに並ぶ建物を彷彿とさせる2階建ての宿泊施設が並ぶ。
異国情緒あふれる風景。
さあ、癒しのはじまり。
こころが、躍る。

雄大な養老山系を望む露天風呂。
岩盤浴や遠赤外線ドームサウナ。
温泉も充実している。

それと、食事も。

旬の食材を用いつつ、健康に気を使った美味しい料理。

151024nagoya2.png


151024nagoya1.png


151024nagoya3.png


量的にはあまり多くないので、男性にはちょっとたりないかな???

その分はお酒で。

151024nagoya4.png


食事を終え、中庭を抜けて部屋へと戻る。
好天に恵まれ、暑いくらいの日中。
そんなこともあってか、ほろ酔いのほてった体に、ちょっとひんやりとした夜風が心地よい。

秋だなあ……。

実りの秋。
収穫の秋。
日本の、秋。

日ごろ同じリズムで同じようなものを食べて生活していると、季節を感じるのは暑さや寒さ(プラス、春の花粉症)によってなんだけど、こういうところに来ると、ホント、「自然の織り成す秋」を実感する。

同時に、そのありがたみと大切さを……。
ボクのこころの中にあるセンサーが目を覚ます。

四季のある国。
春夏秋冬。

きっと、日本人のこころの中には、四季を感じるセンサーが埋め込まれているのだろう。

四季と人間。
自然とともにある、人間。
生活も、人生も……。

四季の歌が、頭の中でリフレインする。

四季の歌

作詞:荒木とよひさ
作曲:荒木とよひさ

春を愛する人は 心清き人
すみれの 花のような
僕の友だち

夏を愛する人は 心強き人
岩をくだく 波のような
僕の父親

秋を愛する人は 心深き人
愛を語る ハイネのような
僕の恋人

冬を愛する人は 心広き人
根雪をとかす 大地のような
僕の母親





つながり
ぬくもり
まごころ

未来

希望

明日に向かって、2015年、秋。


つづく

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/818-217aa766
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top