2013
05.31

ジューCのある風景 with S

Category: お菓子
たくさん買ってしまったお菓子。
さてどうしよう……。

ロダンの考える人のごとく途方に暮れる朝、新着メッセージのメールが届いた。

「勢いで買ったそのお菓子、レビュー待ってます」

おーーーー!!!!なんという素晴らしいこと!

いつも、可愛く面白く切なく凛々しく優しい散文詩で素敵なハノイワールドにいざなってくれる、"コップに浮かぶ氷の様な人生さ"のハノイさん( ハノイのXXX リンク → http://hanoi6.blog54.fc2.com/ )。素晴らしいアイデアをありがとうございます!!

というわけで、購入したお菓子をネタにしよう!!

どれにしようかな???

よし決めた!

これで行きます。

はい、カバヤのジューC。

DSC_0565.jpg


前です。

DSC_0559.jpg

横のアップです。

DSC_0556.jpg

ん?カバガラスをかいてみよう???

なんか、びみょ~う。

これ、かいたことがある人、どれくらいいるのかなあ???

笑っていいとものテレフォンショッキングで1人に該当するかなあ???
(今もやっているのか知らないけど)

DSC_0568.jpg

DSC_0569.jpg

DSC_0570.jpg

DSC_0571.jpg

DSC_0575.jpg

DSC_0576.jpg

DSC_0577.jpg

DSC_0579.jpg


同じカバヤです。
さくさくぱんだの抹茶味、美味しいですよ!!

DSC_0561.jpg

あ、岡山なんですね。

DSC_0562.jpg

でも、カバヤって、小さい子は、結構な確率で「カバ屋」ってイメージすると思う。
少なくとも、ボクはイメージしてた。

小さい頃、「うすば かげろう」を「うすバカ ゲロ」だと思っていし、赤とんぼの歌の「おわれてみたのはいつの日か」のおわれては、背負われてではなくて追っかけられてだと思っていた。
そういう人、いますよねえ???

ついでに話すと、こういう話を聞いたことがある。

シャボン玉の歌。

シャボン玉とんだ
(ふむふむ、シャボン玉、とんだかあ)

屋根までとんだ
(えっ! や、屋根も飛んじゃったの……)

屋根までとんで
(ドキドキ、うん、とんじゃった)

壊れて消えた
(えーーーー、屋根、消えちゃったの……)


まあ、それはともかくとして、ジューCは好きです。

明るい食べ物ですね。決してシリアスは似合わない。

さくさくぱんだも、ね。

ということで、真夜中に書く即興ジューCストーリー。 


ひと粒のジューC

 冬山が、真夜中と手を組んで、道に迷った幼い姉弟を容赦なく飲み込む。
 助けを待つ明子は、弟の優真をしっかりと抱き寄せると、ポケットからジューCをとり出した。

 筒状の入れ物をこきざみに振ってみる。
 カタカタと、残り1個を告げるむなしい音が暗闇に響きわたる。

 その音に優真のおろおろする目が敏感に反応した。

 最後のひとつは優真にあげるよ。
 
 何の躊躇いもない心は、優真の目に安心を注ぎ込んだ。

「優真、これ、食べていいからね」
「えっ、だっておねえちゃんは……」
「うん、私は大丈夫だから」

「ねえ、おねえちゃん」
「なに?」
「ちょっと最後のジューC、出してみて」 
「どうして?」
「いいから」
 明子は入れ物からジューCを取り出した。
「ちょっと貸して」
 最後のジューCが優真に手渡された。
「なんかさあ、これ、去年おねえちゃんと一緒に見た満月みたい。すごくきれい。ほら、おねえちゃんも顔を近づけて見てみて」

 明子がジューCに顔を寄せる。
「本当だ。なんか静かに光ってるね」

 僅かな月明かりを受け、まん丸のジューCが、暗闇の中にぽっかりと浮かび上がる。

 それはまるで、桃源郷に浮かぶ月のよう。神秘的で、見ていて何故かほっとする。
 そんなジューCに魅せられ明子が、感動のあまり、微笑みを浮かべぽかんと口を開けた。

 と、次の瞬間、最後の1個のジューCが明子の口の中に飛び込んだ。
「おねえちゃん1個しか食べてないじゃん。だからお姉ちゃんのジューCだよ」
「優真……」

 それからしばらくして、遠くの方で、かすかに明かりが動くのが見えた。
「あ、助けが!」

 どうやら、お互いを思いやる姉弟に神様が救いの手を差しのべてくれたらしい。

 ひと粒のジューCが、幼い命に火をともす。
 
 救助隊の到着まで、あと少し。

END


やっぱなんか違うような気が……。


最後にカバヤの概要を。

Wikipediaより。

カバヤ食品

1946年(昭和21年)創業。終戦間もない頃、岡山駅前の喫茶店の店舗裏で菓子製造を始めたのが会社の起源だという。社名の「カバヤ」の由来は、戦後間もない頃創業されたことから、平和を愛し、おとなしい動物であるというイメージを持つカバから採った。

やっぱりカバだったんだあ!

コーポレートメッセージは「おいしい夢をカタチにしたい」。

う~ん、いいですね!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/82-63ddca89
トラックバック
コメント
赤い靴履いてた女の子は
ニンジンさんに連れられて行っちゃうんだよね(ノ_・、)
akodot 2013.06.01 17:36 | 編集
akoさん、こんにちは!
ワハハ、そうかあ!さすがakoさん、いいなあ、期待を裏切らないよね!
ニンジンさん、可愛いすぎ!!!!
もう、そういうの大好き!

あっ、でも、そう言われると古い記憶が……。

それ、ボクの場合、いいジイさんに連れられて…って思ってた。。。
何かあぶねーなああ
Omunaodot 2013.06.01 17:54 | 編集
こんにちは。たきやん。です。
そこのお二人さん、ちょっとおじゃましていいですかね?

え、「ひいじいさん」じゃないんですか?
と言ってみます。
(あえて正解を書かずにもっといろんな方に
絡んでもらえると楽しそうですね)

楽しい勘違いですね。
失礼します。
たきやん。dot 2013.06.01 18:42 | 編集
たきやん。さん、こんにちは!
なるほど、「ひいじいさん」ですね!!ハハハ!!

>(あえて正解を書かずにもっといろんな方に
>絡んでもらえると楽しそうですね)

それ、いいですねえ、
実は、今回頂いたコメで「勘違い童謡シリーズ希望」っていう話もあってですねえ……。
それ、いいなあって思ってたんですよ!!

募集しましょうか!!
なんか、コミュニティみたいにして皆さんに絡んでもらうと面白そうじゃないですか?
いかがでしょう?????
Omunaodot 2013.06.01 18:58 | 編集
こんにちわ、ハノイです。
何か色々とありがとうございます^^
僕も「ひーじーさん」派でした。

お菓子レビュー実践していただいて嬉しいw
続編も期待してますね。
ハノイ!dot 2013.06.02 09:15 | 編集
ハノイさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!

あ、ひいじいさんに2票ですね!
じゃあ、この勢いで記事にしてみますね!

> 続編も期待してますね。

やったあ!!
はーい、またとりとめもなく書きま~す!!
Omunaodot 2013.06.02 17:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top