2015
11.28

カレーは〇〇〇

Category: その他
チョコレートは明治
豆はでん六
ビスケットは森永
ココアはやっぱり森永

続いて、今日はこちらを検証してみよう!

カレーはハウス













2013年の12月に行った「寒さをぶっとばせ omunaoさんちのカレーなる戦い冬の陣」でも、カレーマルシェが優勝、3位にバーモントカレー、4位にジャワカレー、5位にククレカレーと、その強さを発揮したハウス食品。
果たしてその実態は……。

下表は「メーカーニュース」の「カレー・シチュー(ルー) 売上ランキング/2013年11月~2014年1月」。

151128sb6.png


シチューも込みだけど、ベスト10にハウス食品が7個も入ってるーーーー!!!!!!!!!!
これは強い!
強すぎるぅーーーー!

日本経済新聞の2013年6月23日付けの記事にこんなことが書かれている。
以下、その引用。

************************

50年間トップ維持 バーモントカレーの新しさ

家庭用カレーの代名詞「バーモントカレー」(ハウス食品)が今年、発売50周年を迎えた。
一見するとあまり変わらないようにみえる、このロングセラー商品の歴史を振り返ると消費者の味覚の嗜好に合わせた多くの改良点が見えてくる。
外箱や容器も細かいアイデアや工夫の積み重ね。時代の変化を見逃さず、新しさに挑戦してきたことが長く愛されている理由だろう。

■国内シェア30%
カレールー市場でハウスは60~65%のシェアを握る。
ハウスのカレーのうち、半分はバーモント。
つまり、日本のカレールー全体で30%を占める商品だ。

そのバーモントが産声をあげたのが1963年9月。
当時、カレーは「辛く」、大人の食べ物だった。家庭用もハウスの「印度カレー」などスパイスを効かせた本格化が主流。
一方、高度成長期で食卓のメニューの決定権は忙しいお父さんからお母さんや子どもに移りつつあった。
クセがなく子どもにも食べやすい、甘みもある新しいカレーが求められていた。

「辛味ではなく、甘いマイルドな味を織り込みたい」――。
ハウスの社内資料によると62年に新しいカレーの研究が始まった。
「リンゴとハチミツ」で辛さを抑えたカレーの開発がすすめられた。
新製品開発委員会が発足し、販売・広告・企画・資材・生産の各部門で激しく議論が交わされたという。
「バーモントカレー」の名付け親は当時副社長で後に社長となる故・浦上郁夫さんだ。

発売当時の価格は1箱120グラム(6皿分)で60円。当初は「甘いカレーなんて売れない」と販売店から反発もあったが、テレビコマーシャルや試食販売の効果で、売れ行きに火がついた。
ハウスの63年度の総売上高は前の年度に比べ31%増の34億円と記録的な増収となった。

************************

なるほど。
そういう時代背景があったんだね。
ボクはカレーが大好きだけど、その原点にはバーモントカレーがあるのかも知れない。「幼少の頃から味覚に刷り込まれた」というか……。
きっと、そういう人は多いのだろう。

カレーはハウス
うん、これはその通りだ!

「ちょっと待ったああ!!!!!!!!」

ん?
君はエスビー。

「エスビーだって魅力的なカレーを売ってるんだあ」

そう、エスビーも確かに頑張っている。
なにせ、ハウス食品、エスビー食品、江崎グリコでカレールウのシェアの99.4%を占めるらしい(2002年現在)。
確かに上の売上ランキング表に入っているのもその3社しかないし。

でも、エスビーに関しては、ボクの中ではカレーよりも香辛料や調味料の印象が強い。
「カレーはエスビー」って豪語してないし。

こういうのとか。

151128sb2.png


こういうのとか。

151128sb1.png


「コショーや七味を思い浮かべろ」と言われたら、鮮明にこのビンの色、形と「S&B」の文字を思い浮かべる。
「コショ―はエスビー」とか「七味はエスビー(あるいは一味はエスビー)」と豪語してもよさそうだが、エスビーは決してそうは言っていない。謙虚さを売りにしてるのだろうか。はたまた「弱い犬ほどよく吠える」と笑い飛ばす王者の風格か……。

ところで、エスビー(1992年の6月まではヱスビー)なのに、なんでSBではなくS&Bなんだろう???
B&Bと同じように特に意味がないのかなあ???

151128sb4.png


いやいや、ちゃんと意味があるんだって。
エスビーのサイトでは次のように説明されている。

エスビー食品は1930年(昭和5年)、「太陽」と「鳥」を図案化したヒドリ印をその商標としました。
この『太陽』と『鳥』を図案化した商標には、「社運が、日が昇る勢いであるように、また鳥が自由に大空をかけめぐるように、自社製品が津々浦々まで行き渡る」願いが込められていました。
その翌年1931年には、そのヒドリ印に「太陽=SUN」と「鳥=BIRD」の頭文字である「S&B」を併記して商標としました。

151128sb3.png


そういうことかあ!
ちなみに今は、PICE  HERとなっている。
やっぱり調味料を売りにしてるんじゃん!

さてさて。
調味料と言えば、気になるのが元祖調味料の「塩」。
元祖というか、「命の源」である。
地味だけど大切。
その存在感を堂々と一文字で主張する看板。
看板に出会うと、思わず大声で「しお~!」と叫びたくなる。

151128sb5.png


塩好きのシオニストになりきって、次回はそんな塩について調べてみよう!

ではでは!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/842-52a346cd
トラックバック
コメント
バーモントカレーの甘口が好きで、
たまに「作ってくれー」ってカミさんに言いますが、
僕以外の家族はイヤがりますね。
「甘い!あれはカレーじゃない」って。
本格的なインドカレーやタイカレーだって好きな僕は、
「そうだよ、あれはカレーじゃないんだよ。
バーモントカレーという食いものなんだよ」とか言って
しつこく要望すると、カレールーを入れる直前で
中身を二つの鍋に分けて、僕のだけバーモントカレーにして
出すんですぜー。
まあ、いいけどさ。
つかりこdot 2015.11.30 03:25 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

> バーモントカレーという食いものなんだよ」とか言って

うおおおおおお!!!!!!!!
そうそう、言い得て妙です!
わかるなあ、それ
インスタントラーメンがラーメンとは違うように・・・

> しつこく要望すると、カレールーを入れる直前で
> 中身を二つの鍋に分けて、僕のだけバーモントカレーにして
> 出すんですぜー。

わーお
優しいカレーのできあがりですね。。
ヒデキ、カンゲキ~♪
ふるっ!
Omunaodot 2015.11.30 06:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top