2015
12.31

平和の時代の暦 その2

Category: その他
「人間の歴史は戦争の歴史」という言葉を耳にする。
果たして人間はいつから戦争をするようになったのか?

社会(歴史)の授業で人類の変遷をこう習った。

猿人(アウストラロピテクス)
  ↓
原人(ホモ・エレクトス)
  ↓
旧人(ホモ・ネアンデルターレンシスなど)
  ↓
新人(ホモ・サピエンス)であろう

こんな図解付きだった。

151231hito1.png


アウストラロピテクスの誕生は約400万~500万年前。
ホモ属(ヒト属)となったホモ・エレクトス(直立歩行をするヒト)の誕生が約200万年前。
そして、現生人のホモ・サピエンス(考えるヒト)の誕生が約10~20万年前。

では、戦争が始まったのはいつ頃だろう???
諸説あるが、どうやらたかだか5,000年前~1万年前のことらしい。
500万年の歴史の中の、たった1万年……。
日本では弥生時代以降に戦争が起きたという。
原因は、農耕により水や土地をめぐる争いが起きたからではないかとか、貧富の差ができたからではないかなどと考えられている。
それと、「定住」。
アメリカの文化人類学であるファーガソンは、定住こそが平和を破ったのだという。
移住する採集民は、ほかの集団との関係が危うくなると「敵」からすばやく離れることで緊張状態を解消できるが、定住は「この平和な選択を取り去ってしまう」と……。

軽々しくその地を離れられなくなった人類には、集団や個による空間(土地)と所有物の支配が誕生する。
それは他者の侵入を許さない守るべきもの。

我が生まれ故郷。
そこに住みし竹馬の友。
こころ安らぐとても素敵な響きだ。
でも、もしかしたら、これを素敵だと思う心こそが戦争の元凶なのかもしれない。
故郷が奪われそうになれば戦う。
友が傷つけられれば復讐の鬼と化す。
(自己否定に陥りそうだあ……)

人類はもともと同類に同化する機能を持っている。
だから、同化対象を平気で傷つけたり殺したりすることは、本来できないはずである。
だとすると、これができるのは、「同化を妨げている何らかの観念がある」と考えることができる。
人を人と認めない人種差別。
宗教による妄信。
集団を統治するために人々のこころに「敵」を作り出し、その「敵」に対する否定観念と恐怖を刷り込む。
そして「正義」の名のもと、「愛」と「平和」を守るために暴力が正当化される。

それから資本主義。
定住による空間所有はやがて「豊かさの象徴」であるモノの所有に広がり、人々の心に「個や集団の利権争い」を植え付け、資本主義がそれに拍車をかけた。
自分も含めて「子供たちに明るい未来を!」なんて口にするけど、資本主義の根底には自己中心や年功序列の精神があり、裕福な年功者は自分達の豊かな生活のためには外国人や若い世代を犠牲にしても心痛まなかったりする。

そんな世の中に暮らす人々。
自分もそのひとり。
金を得られるからこそ、今、こうしてネットで好きなこともできる。
人とのつながりもできる。
この生活を侵害されたら、きっと戦いたくなるだろう。。
(またまた自己否定に……)

さてさて、閑話休題。

平和の時代の暦」 ( ← リンク ) の話。
2006年に27人の研究者によって書かれたこのメッセージは次のようなものだ。

古代ギリシャの哲学者プロタゴーラスは、2500年前に人間の本質を「人間がモノの尺度である」と表わした。
モノの優先は不調和につながり、自己中心の人間や社会を形成し、やむことのない「万人の万人に対する争い」が継続する。
貧富の差、職業、年齢、性を基準にして、様々な宗教や文化が形成され、民族間、文明間、社会階級間の敵意が結果的に生じたのである。

こういった戦争と不調和で特徴づけられた工業の時代は去りつつある。
そして、世界的に広がる情報社会が、人間の自然のあり方を示し、社会的、精神的、政治的、経済的な生活に新しい質をもたらすのではないか。
情報社会では「調和」が普遍的な人間や宗教や文明や文化の尺度になり得る。
普遍的な情報を利用すれば、また子供と若者を中心にものを考えれば、社会の統合は可能になるはずだ。
子供や若者こそ、調和の時代と調和の文化の対象になり得る。
そういった新しい社会を反映する象徴として27の記念日を設け、社会的調和の根を下ろすことを目指す。

では、調和時代の暦とは?

●情報社会にいる人間の調和のシンボル
●宗教対立、文明対立、戦争に溢れる今までの2000年間の否定
●軍事祭りや新時代のカレンダーの代わり
●東と西、北と南の社会調和の制定の試み
●共通の大事なものと記念日の統一
●昔の平和のカレンダーの保存
●調和時代の開始
●戦争のための時間が残らぬよう、各々の記念日を平和の祭りにすること

記念日は以下の通り。

1月01日 宗教的黄金律の日 
1月10日 子供のコミュニケーションの日
1月12日 正義と餓えと貧困消滅の日
3月05日 文明、宗教、民族の赦し合いの日
3月14日 祖父母の日
3月21日 地球の日
3月22日 太陽の日
4月02日 すべての子供の優先、権利、愛の日
5月01日 グローバルな愛の日
5月15日 あらゆる闘争における仲直りの日
5月31日 世界の子供に対する慈善の日 
6月01日 子供の保護と優先の日
6月21日 グローバルな調和の日
6月21日 風と空気の日
6月24日 平和/調和基金の日
7月10日  澄んだ水の日
7月22日 山の日 
7月30日 新しい平和文化の日
9月03日 グローバルな文化の日
10月04日 希望の日
10月17日 世界市民の日
10月19日 ラウンド・テーブル・デエー
11月11日 戦争を終結する停戦の日
11月30日 世界の子供に対する約束の日
12月10日 公平な人権と尊厳の日
12月15日 エスペラント語と言語的権利の日
  ?    幸せの日


世界を「調和」として考えるのはとても興味深い。
ネット社会になって、以前とは比べられないほど多種多様な情報が手に入るようになった。
もっとも、取捨選択が重要だし、「知らぬが仏」っていうのもあるのだろうけど。

終り行く2015年。
来る2016年。
さあ、どこへ向かって行こうか……。
永遠に続く「学び」、「自己研鑽」、「克己心」。
世を知るには自己を知らねば。

最後に、朝日新聞2006年12月2日掲載のさかなクンの記事を……。


***************************

広い海へ出てみよう

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。
いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されたこともありました。
突然のことで、わけはわかりませんでした。
でも、さかなの世界と似ていました。
たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。
せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。
けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。
すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。
助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。
いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。
同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。
ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。
でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。
学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。
話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。
大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。
外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

***************************

狭い定住(安住?)空間から大海原へ。
そこには嵐が吹き荒れているかもしれない。
荒波にのまれる危険と隣り合わせかもしれない。
でも、ひとつひとつ、乗り越えれればいい。
さあ、2016年も行くよ!

2015年、みなさまいろいろとお世話になりました!
こころの糧や癒し、それととても大切で素敵なつかながりもたくさんいただきました。。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!!


みなさま、よいお年を!
ではまた来年!


あ、追伸!!

秋に行われた「なごやめし博覧会2015」の結果が発表されました。
以下が表彰された逸品。
おめでとうございま~す!

【グランプリ】菓子処 とらまる「パンどら(武将隊Ver.)2種セット」

151231nagoya1.png


【準グランプリ】大須リブル「味噌とんちゃん唐揚げ串」

151231nagoya2.png


【敢闘賞】名古屋肉味噌カレー研究所「名古屋肉味噌カレー」

151231nagoya3.png


うおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!
どれも美味しそ~!
よーし、今度名古屋に行ったときに食べるぞ~♪

では今度こそ、また来年!
(明日だったりして。。)

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/860-f0a34e6e
トラックバック
コメント
グランプリの名古屋めし、甘い物でしたか(*^_^*)
食べたことはないですね。
パンどら、甘そうですね。食べてみたいですね。

いじめの問題ですが、人は必ずやめることが出来ると信じています。
声をだす人が必要でしょうね。
声を出し、仲間外れやいじめにあっても悪いことは、認めてはならないのです。
能力の差はあるに決まっていますが、大人社会においても同じだと思います。

世の中、天才や優秀ばかりだったら、バランスが悪くなりますから。
人の尊厳は、誰にもあることを忘れない様にしたいものですね。

今年一年、楽しくお付き合いしていただき感謝いたします。
来年は、もっと楽しい一年になると思います。

パンどらツアーにお出かけください。

良いお年をお迎えください。
Miyudot 2015.12.31 14:47 | 編集
Miyuさん、こんにちは!

今年、Miyuさんとはいろいろと深イイ話をさせていただき、こちらこそ感謝です!
この話題も深いですからね。。
「多様性」と向き合うことは、今後にとっても、島国でなかなか他者を受け入れられない日本人にとっても、もちろん自分にとっても、とても重要なことだと思います。
ゆっくりと語り合いたいものです。。

> パンどらツアーにお出かけください。

はーい(^O^)/

では、よいお年をお迎えくださいませ♪
Omunaodot 2015.12.31 17:44 | 編集
鍵コメさん、こんにちは!

こちらこそ、お世話になりました!
感謝感謝です♪
改めて、よろしくお願い致します
素敵な1年を!!

Omunaodot 2016.01.01 00:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top