2016
01.10

新春、大須探訪記 その5

Category: その他
「菓子処とらまる」のすぐそばに、風情のある建物を発見。

なになに?

大須演芸場

160110oosu1.png


へえ、大須には演芸場もあるんだあ!
本当に浅草みたいだ。

で、この大須演芸場なんだけど、どうやら度重なる経営難を乗り越えてきているようだ。
前身は大正期にできた映画と演劇の中規模劇場だった港座。
その後の紆余曲折を経て、1965年に落語とコントと漫才を上演する寄席として大須演芸場オープンした。

開館当初は、三遊亭圓生、柳家小さん、三笑亭夢楽、横山やすし・西川きよし、コント55号、チャンバラトリオなど著名な落語家や芸人が出演して繁昌していたが、1972~3年頃には放漫経営がたたって資金難に陥ることに……。
ギャラの高い有名芸人は呼べず、ギャラの安い芸人や新人芸人の出演に限られ客席には閑古鳥が鳴くようになった。
でも、当時、後に有名になった芸人が若手として出演している。
1972年にここで初舞台を踏んだB&B。
大須演芸場からの出演依頼がきっかけで誕生したツービート。
ビートきよしが他の相方とコンビを組んで出演する予定だったのが立ち消えとなり、急遽誘ったのがビートたけしなんだって。
それから、楽屋には1975年に書かれたであろう明石家さんまの落書き(サイン)があり、そこには「今日も客なし 明日は?」と書かれているそうだ。

1979年頃からの漫才ブームで大須演芸場は一息つくも、1981年後半から再び客足が落ち、その後も経営難の連続で1985年には3年間の家賃滞納で強制執行を受けたり、東海テレビが支援に乗り出したり。
それでも客足は伸びず、1987年から再び1日の来客数が10名未満という閑古鳥状態。
そして2014年2月、ついに家賃滞納による建物明け渡しの強制執行がなされ、営業が終了することに……。
しかし、常に経営難を克服してきた力か執念か、昨年の9月に営業再開にこぎつけている。

この日は1月1日から3日まで続く「新春特別寄席」が行われていた。
3日の出演者は次の通り。

1.雷門幸福 落語
2.小池鱗林 講談
3.オレンジ 漫才
4.初音家左吉 落語
5.旭堂左南陵 講談
6.鏡餅マン パフォーマー
7.雷門獅篭 落語
8.名妓連 お座敷踊り
9.柳家小ゑん 落語

なんだか、鏡餅マンが気になるなあ。。

奇遇なことに、この日はNHKの「小さな旅」で、「芸は街に育まれ~名古屋市 大須~」 ( ← リンク ) という番組を放映していたようだ(後で知った)。
そんな大須演芸場には、これからも歴史を刻んでいってほしいと思う。

さて。

大須演芸場を過ぎ、喫茶店でひと休みすることに。
(食べて食べて食べてひと休みって言うのもなんか変な気もするけど……)

入ったのは、珈琲ピノキオ
間口は狭いけど奥に深い店内で、とても居心地がよさそう。
一番奥の席についてメニューに目をやる。

160110oosu2.png


インディアンスパゲティ―とかカレー焼きそばにもひかれたけど、お腹いっぱいなのでここはコーヒーを注文。
1月とは思えない陽気だったのでアイスコーヒー。

160110oosu3.png


これも美味しく、ゆっくりとリラックスした時間を楽しめた。。

ではそろそろ帰路に。
帰りに名物の、大須ういろを購入。
ちなみに、「青柳ういろう」は「ういろう」だけど、大須は「ういろ」で最後の「う」がない。
こちらは「ばななういろ8個入り」。

160110oosu5.png


バナナクリームをういろ生地に練り込み、渦巻き状にバナナの風味がほんのり香る「プレーンばなな」と、チョコレートと一緒に混ぜこんだ「チョコばなな」の二種類。
どちらも初めて口にする新鮮な味。
さっぱりしていて美味しい!
「プレーンばなな」より「チョコばなな」の方が「ばななあああ!!!」ってカンジ。

こちらは新幹線の箱に入ったういろ。

160110oosu6.png


2011年3月にJRの鉄道ミュージアム「JR東海リニア・ 鉄道館」の開業を記念して発売されたもので、「白」「桜」、「抹茶」、「ないろ」の4種類が入っている。
どれも美味しそう!!
ところで、「ないろ」って何だ???
気になって調べたら、こしあんを加えたういろで、大須ういろの商品名とのこと。

そうそう、書き忘れたけど「菓子処とらまる」の「ばぅむくーへん」も美味しかった!

160110oosu4.png


どら焼きに似た味がして、「ぱんどら」同様これまた和洋の融合が絶妙。
はじめての味に感動♪

と言うことで、とても充実した一日を過ごして帰路についた。
帰りは新幹線で帰って来たんだけど、これが超満員。
指定席はとれず、自由席も満席。
まあ、名古屋から小田原まで1時間10分なので通勤の満員電車を考えれば大したことはない。
デッキに立って車窓に流れる夜景を眺めていればすぐについてしまう。

ところで……。

何回か名古屋に行ってるんだけど、まだオムライス日本一に輝いた「ことこと屋」に行ってないんだよなあ。。
よし、次来た時には「ことこと屋」に行くぜい!

2016年新春、こころ中の書初めで年頭の決意をして大須探訪を終わることとする。
(そ、そんな大げさなことかあ???)

では、みなさま、5回に渡っておつきあいありがとうございました!

おわり

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/867-064bad3e
トラックバック
コメント
楽しい旅でしたか?
大須演芸場なんとか頑張って欲しいですね。

わが職場の新春イベントで大須演芸場の芸人さんを依頼するのですよ。
有名になって欲しいと祈りながら。
紹介していただいて、訪れる方が増えるといいです(●^o^●)

ういとうと、ういろ。
知りませんでした。
Miyudot 2016.01.11 07:01 | 編集
こんにちは。
バタートースト200円、他であんまり見ないメニューですよね。
プロの作るトーストってどんなのか気になるわぁ。
ケフコタカハシdot 2016.01.11 13:08 | 編集
Miyuさん、こんにちは!

はい、それはそれは楽しい旅でした!!
名古屋近辺にお住まいの方がうらやましい限りです。。

> わが職場の新春イベントで大須演芸場の芸人さんを依頼するのですよ。
> 有名になって欲しいと祈りながら。

へえ!そうなんですね!!
大須演芸場が原点っていう芸人さんもたくさんいらっしゃるんでしょうね。
そういう方の思いや支援が今の大須演芸場をささえているんだなあって気がします。
いつまでも在り続けてほしいものです。。

> ういとうと、ういろ。
> 知りませんでした。

おっと~!
やったね!
そうなんですね!

では、ついでに大きな声でもうひとつお教えしましょう♪

「ういとう」ではないですよ~!!!!!(笑)
RとTは隣りですからね♪

ん?

艸(◣д◢)艸

あっ・・・
や・ば・い
コメントこれからもお願いしますね(汗)
Omunaodot 2016.01.11 20:48 | 編集
ケフコタカハシさん、こんにちは!

パン好きなんですね♪
ボクもパンは大好きです!

> バタートースト200円、他であんまり見ないメニューですよね。
> プロの作るトーストってどんなのか気になるわぁ。

名古屋はモーニングとかでトーストを外で食べるのが定番と聞いていますので、結構あるんだと思います。
この店も、出勤の途中に寄るお客さんが多いみたいですよ。
ところ変われば何とやら。
面白いですね!

まあ、そう言いつつ、名古屋のモーニングは食べたことがないんですけどね
どちらかと言うと、その時間があったらギリギリまで寝ている方なんで。。
ぜひ食べてみたいもんです。
今度、泊まったときに食べてみようかなって思います♪
Omunaodot 2016.01.11 20:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top