2016
01.30

これぞ、オムライスのある風景!

Category: その他
「国技」の名はどこへやら。
海外出身力士の優勝が続いていた大相撲だけど、先日の1月場所で、大関・琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした。
しかも琴奨菊関は2002年の初土俵から苦節14年、2011年の大関昇進後26場所目にしての初優勝!
おめでとう!!

琴奨菊関は両膝や右胸のけがに苦しみ、結婚前の2015年7月場所まで大関23場所で2桁白星はわずか6度。
「ダメ大関」の烙印も押され、引退を考えたことも……。

そんな琴奨菊関を支えたのは、2015年7月に結婚した愛妻、祐未さんの大きな存在だという。

2016/01/25のスポニチの記事には、次のようなことが書かれている。

度重なる故障に苦しんだ琴奨菊を支えたのが祐未さんだった。
3年前に知人の紹介で交際がスタート。
その数カ月後、琴奨菊は13年九州場所で右大胸筋断裂の重傷を負った。
それまではケガをしては1人落ち込んでいた琴奨菊だが、この時は違った。祐未さんは病院に付き添い「2人で頑張って乗り越えよう」。
愛する人の優しい言葉が大関を奮い立たせた。
祐未さんは結婚後、フードマイスターの資格を取得。
油を使わず揚げ物ができるオーブンレンジも購入した。
「胃に負担をかけないように、消化のいいものを作っています」。
食卓にはひじきなど体にいい食事が並ぶ。
毎晩マッサージで体をほぐし、かかとのひび割れを防ぐためにクリームを塗るのも祐未さんの仕事だ。
そして、相撲の話は一切せず、いつも変わらぬ笑顔で接する。
琴奨菊にはそれが何よりのリラックスだった。
そんな祐未さんの頑張りに応えようと、琴奨菊は心を入れ替えた。
「以前は1勝するたびに喜んで、私も一緒になって喜んでいました。今場所はすぐ次の取組のことを考えていました。15日間終えるまで心から喜んだことはなかったと思う」。
優勝に無縁だった大関の心も大きく成長した。

また、横綱白鵬を破った後の1/21の東スポにはこんな記事が……。

祐未夫人は昨年秋、かねて目標にしていた「フードマイスター」の資格を取得。
夫を支えるための知識を強化した。
琴奨菊は「豆類が体にいいとか、海藻は消化に時間がかかって胃に負担がかかるとか。
栄養の吸収にいいらしくて、いつも大根おろしにレモンがついて出てくる」と明かす。
これだけでも相当な力の入れようだが、その心配りは「究極」の域にまで達しているという。
ある日、夫婦で喫茶店に入った時のことだ。
2人で注文したコーヒーが出され、琴奨菊はおもむろにテーブルの片隅にあったプラスチック容器入りのクリームに手を伸ばした。
祐未夫人「ちょっと待って!」
琴奨菊「何?」
祐未夫人「(クリームは)何か月たっても、腐らないんだよ。どんな成分が中に入ってるか、知ってる?」
琴奨菊「……」
祐未夫人の言葉で琴奨菊が黙ってクリームを元の位置に戻したことは言うまでもない。
別の日には某ファストフード店に入ろうとしたところ、祐未夫人から「○○○(店名)はダメ! ×××ならいいよ」と“ダメ出し”されたこともあるという。
もちろん、一般人であればクリームやファストフードを口にして健康に問題が生じることは、まずない。
だが、そこは体が資本のアスリートだ。
夫人の注文が細部にまで及ぶのは、何よりも土俵での活躍を願っての配慮にほかならない。
そんな献身的な姿勢に、琴奨菊は「一生懸命に勉強しているし、ホンマに自分より根気がある(笑い)。いろいろ考えてくれて、ありがたい」と頭を下げるのだった。

160130kotosyougiku1.png


琴奨菊関は優勝後の佐渡ケ嶽部屋のパーティーであいさつをし、「私のいちばんの支えは、妻の祐未です。15日間一緒に戦ってくれてありがとう。またこういう思いができるように努力します」と、祐未さんへの感謝の思いを述べた。
祐未さんへの結婚のプロポーズでは、自身の成長ストーリーを出身地の柳川にちなんでどじょうのキャラクターなどが登場する絵本を知人に協力してもらって作り、その絵本にダイヤの指輪を挟んで「結婚しよう」とプレゼントした琴奨菊関。
プロポーズのときと変わらぬ、いや、ますます深まる祐未さんへの思いや気持ちが、言葉からひしひしと伝わってくる。

一方の祐未さんは、祝賀会場で大関のホオに祝福のキス。
「とても輝いて見えました。あらためて、すてきだなと思いました」と笑顔でのろけ、優勝を祝う料理には「大関が大好きなオムライスを作りたいです」と。
う~ん、素敵だね。。
オムライスがふたりのきずなを演出♪
これぞ、まさにオムライスのある風景!
 
そんな琴奨菊関と祐未さんは、琴奨菊が32歳の誕生日を迎える今日1月30日に結婚式を挙げる。
お二人の末永いお幸せと更なるご活躍を、こころよりお祈り申しあげます。。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/877-442ca191
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top