2016
02.12

あっ、寝坊!!

Category: その他
ということで、今日は2つの記事の再掲載です!


ご機嫌NANAME


「何で機嫌が悪いときって、ご機嫌真下とかじゃなくてご機嫌斜めって言うんだろう?」
昨日、知人と会話していてそんな疑問に出くわした。

考えたこともなかったが、そう言われてみると知りたくなるのがomunaoの性(さが)。

ちょっと調べてみたら、どうやら「普段と違う状態」を「斜め」と言うらしい。

普段=穏やかな状態=水平。

想像してみましょう。

ここは春の陽光につつまれた昼下がりの砂浜。
目の前に広がる青い海。
風ひとつない空には、白いカモメが気持ちよさそうに飛んでいる。
海の彼方に目をやる。

はい、ストップ!

あなたの目の前に広がる海と空の境目は?
そう、水平線。
真直ぐと横に広がる水平線。
(ちょっと丸みががってるとか言わない)

これが穏やかな状態。

では次に、厳寒の曇天の砂浜を想像してみましょう。

北からの寒風がほほを突き刺す。
眼前に広がる、荒れ狂う海。
轟音とともに立つ白波が、岩肌に砕けては散る。

はい、ストップ!

「波が立つ」
これが普段と違う状態。
「腹が立つ」も同じ。

「立てる」=「縦る」とすると、「縦まではいかないが水平ではない(普段と違う穏やかでない)状態」=「斜め」となる。

また、縦横ではなく、「水平、垂直」=「普段の状態」で、「水平でも垂直でもない状態」=「斜め」という考えもあるようだ。

何れにせよ、「真っ直ぐでない状態」=「普段と違う状態(穏やかでない状態)」=「斜め」であるようだ。

こうやって語源を調べてみるといろいろな発見があって面白い!
これからも気になった言葉があったら調べてみようかな!


● ジェニーはご機嫌ななめ / Perfume 




星空を見上げて

ひとり佇むベランダ
澄んだ夜空に風が舞う

春風の中、君と夢を語り合い
夏の風を浴びながらふたり戯れた

秋風に揺られて心通わせ
そして、冬の風が君を連れ去った

季節(とき)が巡るなら
清き風に乗り、もう一度君に巡り会いたい

さあ、風よ、僕を運んでおくれ
星空の向こうにある、近くて遠き日々へ

いざなっておくれ
星空の向こうに住む君のこころへ

すべての星空の道は、君へとつながっている

140223hoshizora2.png


● 星空のディスタンス / THE ALFEE



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/885-1d5fa7e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top