2016
05.29

キッチンマカベ

アットホームな老舗で過ごす上質な時間

160529makabe12.png


昔ながらのオムライス。
二店目はキッチンマカベ
祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩5分のところにあるのでこちらの駅から行くのが近いのだけど、昔を思い出して、大学時代に行っていたルートである成城学園方面から歩を進める。

懐かしいなあ。。
授業を終え、大学の裏門から出て小田急線沿いの道へ出る。
毎日のように仙川の流れをながめていたっけ……。

160529makabe2.png


やがて商店街が姿を現す。

ウルトラマン商店街。

160529makabe4.png


「ウルトラマン」の制作で知られる円谷プロダクションがあったこの地には、「祖師谷みなみ商店街振興組合」、「祖師谷商店街振興組合」、「祖師谷昇進会商店街振興組合」の3つの商店街があり、2005年4月にこれらの総称として名づけられたもの。

ウルトラマン商店街の入口で飛ぶゾフィー。

160529makabe1.png


時代とともに変わって行く街の風景の中で、変わらぬ懐かしい店も健在だ!

160529makabe3.png

160529makabe6.png


ほどなくして、右側(祖師ヶ谷大蔵駅方面から来た場合は左側)に、キッチンマカベの品の良い佇まいが視界に飛び込む。

160529makabe5.png


ドアを開けて入店。
ところで、キッチンマカベっていう名前なんだけど、「シェフは兵藤さんなのに何でマカベなんだろう?」という疑問がわく。
この疑問を収録で作りに来てくださった兵藤由弥さんに伺ったところ、「創業者である祖母の出身地である茨城県の真壁郡(現桜川市)からとったものです」とのこと。
なるほど!
そういうことだったんだね!
ちなみにこちらは、雑誌モデルとしてデビューし、アイドル、女優、声優とご活躍の道を歩まれて来た兵藤まこさんのご実家でもある。

2階席にあがりオムライスを注文。
店内の広さも色合いも、流れる音楽も、料理の匂いも、五感を通じて体内に入ってくるなにもかもが安らぎを与えてくれる。
席に着いた途端に心身が弛緩するのが自分でもはっきりとわかるんだけど、たぶんそれは、3代に渡って受け継がれている伝統が作り上げている確かな味とアットホームな雰囲気が、目に見えないけどとても重要な「こころのスパイス」として加えられているからなのだろう。

160529makabe7.png


さて、こちらがオムライス。

160524matsuko2.png


店の雰囲気によくマッチした上品な見た目。

160529makabe9.png


では食べてみましょう!

160529makabe8.png


中にはハム、玉ねぎ、グリーンピースが入り、とてもきれいなオレンジ色に染まっている。
ラードの深いコクが口に広がるケチャップライス。これがケチャップと玉子と相まって、酸味と甘みの絶妙なバランスをかもし出している。
これはめっちゃおいしい!
心の中で、無意識に「美味い」連発。

コロッケも美味しいので、お薦めは番組で紹介させていただいた「オムコロ」。
他の料理も絶品なので、みなさま、ぜひ足を運んでみてくださいませ!!

<店舗情報>
■TEL 03-3482-3748 (予約可)
■住所 東京都世田谷区祖師谷3-1-15
■営業時間 
  [月~金] 11:00~14:00(L.O.)  17:00~21:00(L.O.)
  [土日祝] 11:00~15:00(L.O.)  17:00~21:00(L.O.)
■定休日 木曜休

160529makabe11.png



パステルの風の中で



夕刻、成城学園前駅に降り立つ。
小田急線が地下に潜ったせいか、様相が変わった街並みに足が戸惑う。
"もう、君の知っている時代とは違うんだよ"
そう言いながら、まだ肌寒さを身に纏った、ちょっとよそよそしい風がボクの頬をかすめて行く。

モノトーンの寒風に肩をすぼめながら、商店街を抜け、角を曲がり線路沿いの道へと出る。
瞬間、見覚えのある景色が視界に広がる。
同時に、今度は見覚えのあるやさしい風がボクを迎えてくれた。
"久しぶり。元気かい?待ってたよ。さあ、一緒に歩こうか"
  
パステルの風に包まれたこころは、足を祖師谷のウルトラマン商店街へと運ばせる。
昔ながらのお米やさん。
変わらぬホーロー看板の酒屋さん。
そして歩くほどに懐かしさを覚えたボクの足は、自然と、 その店の前でとまった。

Kitchen Makabe
そう書かれた筆記体の上品な文字が、やさしくボクに微笑みかける。

パステルの風をまとったボクは、至極当たり前のように入店し、案内された2階席へと着く。
白い壁と白枠の窓に、上品なピンクのカーテン。
BOSEのスピーカーから流れるイージーリンスニング。
居心地のよい空間が、ボクをあの頃へといざなう。

早く大人になりたいと、背伸びをしていた学生時代。
こういう店でデートするのが大人だよなあ。
「いい店を知ってるんだ。キッチンマカベっていうんだけど、今度行かない?」
お目当ての子に声をかけるために入念な下調べ。
結局、下調べは徒労に終わったけど、何もかもがみな懐かしい。
みんな元気かな?
オムライスの向こうに、仲間の笑顔が浮かぶ。 

160529makabe10.png

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/931-4196184c
トラックバック
コメント
遅ればせながら、マツコの知らない世界を拝見しました
オムライス愛がひしひしと伝わってきました
ところでomunaoさんは北鎌倉にあるカフェ・メシプーチをご存じでしょうか
そこには和風オムライスがあるのです
中身は炊き込み、ソースはあんかけ、野菜の天ぷらがついてます
ずっと前に食べたのですが、なかなかおいしかったですよ
オススメです
Sサイズたまごdot 2016.05.29 16:18 | 編集
Sサイズたまごさん、こんにちは!

ありがとうございます!
カフェメシプーチ、鉢の木のそばのお店ですね!
前は通ったことはありますが入ったことはありません。。

> そこには和風オムライスがあるのです
> 中身は炊き込み、ソースはあんかけ、野菜の天ぷらがついてます

へー!面白いですね!
和風な上に、天ぷらもついてるんですね!
近いですし今度行ってみます!!
情報提供ありがとうございます♪

Omunaodot 2016.05.30 06:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top