2016
08.02

愛を知る県訪問記 瀬戸編 その2

Category: その他
向かった先は、岩屋堂公園
160802iwaaya1.png

アクセスは次の通り。

■公共交通機関
・名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」から名鉄バス品野方面行き「品野本町」下車 徒歩約30分
・名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」からタクシー20分(約2000円)
・名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」から名鉄バス「しなのバスセンター」下車、瀬戸市コミュニティバス岩屋堂線「岩屋堂」下車(一日5便)(乗り継ぎにもよるが約50分)

■車
・東海環状自動車道「せと品野IC」から国道363号、「品野交番前」左折、国道248号経由約5分、「品野町6」左折約5分
・東名高速道路「名古屋IC」からグリーンロード・国道155号を経由し、国道248号を約45分、「品野町6」右折約5分 

岩屋堂とは、天然の大きな岩のほこらで、名僧行基が三体の仏像を彫刻して聖武天皇の病を祈願したという。
160802iwaya10.png


ここにはいろいろな形の岩や、滝、ハイキングコースがあり、大自然を思い切り満喫できる。
綺麗な川は天然プール。家族連れの子供たちが川遊びに興じている。
紅葉狩りでも有名な場所で、秋にはもみじまつりやライトアップが行われているとのこと。
160802iwaya2.png


観光客の数からして、おそらくそう世間にはそう知られていない場所で、地元の方々の行楽スポットだと思われる。
だからこそ、とても静かで、癒され、隠れ家的な魅力を持っている。
160802iwaya4.png


瀬戸大滝。
160802iwaya12.png


暁明ヶ滝。
160802iwaya11.png


そしてこの日の宿は、公園内にあるくつろぎ処福助

緑に囲まれた素敵なロケーションの老舗旅館。
160802iwaya8.png


ん?

貸切中?
160802iwaya5.png


実はこの宿、ネットなどで大々的に宣伝していない。
それがゆえに、今まで知る由もなく、「世の中にこんな素敵な旅館があったんだ!」と大感動。
160802iwaya9.png


ここは「権兵衛」という有名店が廃業し、現オーナーの岩下夫妻が買い上げ、大掛かりな補修を施した店。
もともとおふたりは住居として購入したのだが、この地では旅館を営むことを余儀なくされ、調理師の資格を持つ奥様の腕も生かし、自分たちのできる範囲で営業することにしたそうだ。
なので、宿泊できる部屋も最低限の5部屋のみを改装して使用し、客も1日にひと組限定(しかも、毎日営業しているとは限らない)。
160802iwaya7.png


この日の泊り客はボクひとりなので、な、なんと、ひとりで貸切状態!
他のお客さんに気兼ねすることなくお風呂でゆっくりと疲れを癒し、川のせせらぎに耳を傾けながら夕暮を楽しむ。
加えて、夫婦ともどもとても魅力的な方で、話も面白く、いつまでもここにいたいと思ってしまう。
160802iwaya3.png


宿泊は素泊まりが7,000円(朝食付)。
夕食の内容は客の予算や要望、年齢などに合わせて、買い出しから始まり懇切丁寧に一品一品作ってくれる。
そしてこの料理が、独創性に富んでいる上に、とてつもなく美味しい!

次回、その料理をたっぷりと紹介したいと思う。

つづく

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/964-a9cb0429
トラックバック
コメント
えっ、岩屋堂に一人で行ったんですか・・・?
そりゃすごい(笑)

夏休みは、子どもでいっぱいです。
僕も小さかった甥っ子たちをつれて行きました。
僕のところから車で一時間もかかりません、お隣の市ですから。
大人(僕のこと)には水が冷たくて・・・(^_^;)
バニーマンdot 2016.08.02 20:43 | 編集
バニーマンさん、こんにちは!

お待ちしてました笑
実は、お近くのバニーマンさんはご存知かなあなんて思いながら訪問してました
素敵なところですね!
紅葉の季節にまた行きたいなあって思ってます。。
そのときはお隣の岐阜県のT市も行こうかな♪
Omunaodot 2016.08.03 06:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top