2016
08.26

【再掲載】9月10日にセミナーをやります!

先日掲載したセミナー開催の再掲載です。
以下のふたつの参加条件が変更になりました。

1.お出かけプランを投稿しないと参加できない → 投稿しなくてもOK
2.女性限定 → 男性もOK

セミナーでは、オムライスの歴史、そしてオムライスを交えた4つのお出かけプランを作りましたのでその話をさせて頂く予定です♪
みなさま、よろしかったらぜひ参加のほどお願い致します♪

オファーをくださったのはクックパッドグループで休日のおでかけを楽しくするサービス「Holiday」( ← リンク )を提供するホリデー株式会社。
Holidayは、クックパッドの新卒チームにより2014年9月より開始されたおでかけプランの投稿・共有サービスで、投稿記事を見ているだけでもワクワクするし、素敵な休日の過ごし方を提供してくれる魅力にあふれている。

9月10日(土)、10:30から、「マツコの知らない世界」で紹介させていただいた新宿のはやしやさんで開催!

募集ページは「こちら」 ( ← リンク )

みなさま、ぜひおこしくださいませ!!

160810kaiga6.png


さて……。

昨年も書いたけど、高校野球が終わると夏も終わりかなといった気分になってくる。

今、ちょっぴり秋の気配を感じながら、大好きなこの曲を聴いている。

山崎まさよしさんの One more time, One more chance

この曲は山崎さんの初主演映画「月とキャベツ」(篠原哲雄監督、1996年)の主題歌に採用されたのだけれど、2007年公開の新海誠監督作品、「秒速5センチメートル」の主題歌でもある(新海さんが大好きな曲ということで)。

一昨日(8/19)、デビュー20周年記念のベストアルバム「ROSE PERIOD~the BEST 2005-2015~」(Augument Records)が発売された。このアルバムの中には、ピアノとギターをバックに歌った93年制作のOne more time, One more chanceのデモバージョンも収録されているとか。


先日、取材がてら、横浜をぶらりと歩いてきたばかりなので、歌詞に出てくる「桜木町」が妙にこころに響く。

窓を開けると、ちょっぴり秋色をした風が部屋に舞い込む。
バーボンを片手に、そっと目を閉じて……。



One more time, One more chance

作詞・作曲:山崎将義  唄:山崎まさよし

これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった 時間よ

くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance 次の場所を選べない

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向かいのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いはもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

寂しさ紛らすだけなら 誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから 自分をいつわれない
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった時間よ

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

夏の想い出がまわる
ふいに消えた鼓動

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

いつでも捜しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/973-93b2ae67
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top