2016
09.24

鶴見 異次元ミラクルワールド探検コース with オムライス

holiday ( ← リンク )に新しいお出かけプランを投稿しました!
今回は、京浜工業地帯のど真ん中に位置する鶴見線沿線で、タイトルは「鶴見 異次元ミラクルワールド探検コース with オムライス」 です。

よかったらアクセスしてみてください!!

以下、記事の中からいくつかご紹介を。


************************************


さあ、探検を始めよう。探検の地は鶴見線沿線。
京浜工業地帯のど真ん中を走る鶴見線。日本の工業化に伴い、1926年(大正15年)に物資輸送のために作られた路線だ。鶴見駅から扇町駅までの本線、浅野駅から分岐して海芝浦駅までの支線、武蔵白石駅(運転上は安善駅)から分岐して大川駅までの支線がある。

160925tsurumi5.png


鶴見駅西口から鶴見線路沿いに歩を進める。と、やがて総持寺に到着する。福井県の永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山だ。1911年(明治44年)に石川県から現在の地へと移転。とにかく境内(というか敷地)が広大な上にひとつひとつの建物が巨大なので、「総持寺ここにあり!」と訴えかけてくるようなものすごい存在感を感じる。

総持寺には石原裕次郎さんが眠っている。奥に進むと墓地になっているのだが、墓地の入口から要所要所に「石原裕次郎氏墓処→」の看板が出ている。最寄りの看板が「裕ちゃん→」になっているのは、お墓の管理人のあたたかい配慮なのだろうか。

160925tsurumi2.png


1930年(昭和5年)に開業した国道駅。駅構内は建設当初から全く改築されておらず、思わず「ここは戦後の闇市か!」と叫びたくなる雰囲気に包まれている。映画の「野良犬」やテレビドラマ「華麗なる一族」などのロケ地にも使われた場所だ。

160925tsurumi9.png

160925tsurumi10.png


国道駅には、今も昭和の暗い影が刻まれている。駅の入口の壁にある無数の丸い穴がそれだ。はたして何かおわかりだろううか。
太平洋戦争中に米軍から受けた機銃掃射の弾痕である。
激しい空襲を受けた横浜。生々しい傷痕が当時の惨状を物語っている。

160925tsurumi8.png


浅野駅を出ると電車は運河沿いをゆっくりと進んで行く。ガタゴト走る電車に揺られながら車窓を見ていると、まるで遊園地の電車に乗っているような、はたまた電車に乗っている夢を見ているかのようだ。
やがて浅野駅と海芝浦駅の間にあるの新芝浦駅に到着。
無機質な世界が眼前に広がる。「ここに降り立ち去り行く電車を見送ったならば、二度と帰れないのではないか」
思わずそんな錯覚に陥ってしまう。

160925tsurumi4.png


ほどなくして終点海芝浦駅に到着。徒歩でも車でもなく、電車でないと来れないのがここ海芝浦駅。改札の向こうは東芝京浜事業所であり、関係者でないと駅から出ることができない。なので、駅から出ることなく折り返し電車で帰ることになる。SuicaやPASMOの際は降車時に出場のスキャンをし、乗車時に入場のスキャンをすること忘れずに(切符の場合は守衛所内の自動券売機で買って乗車)。

160925tsurumi3.png


前述の通り海芝浦駅の改札を抜けることはできないのだが、ホームから先に東芝が公園を整備して開放してくれている。

160925tsurumi7.png


乗って来た電車で折り返す場合、滞在時間はわずか十数分しかないのだが、海と工業地帯の織りなす景色がもたらしてくれるしばしの寛ぎの時間を存分に楽しもう。海の向こうに見えるのは鶴見つばさ橋。

160925tsurumi6.png


電車の発車時間がやってきた。戻って、今度は扇町駅方面へと探検の歩を進めることとしよう。それにしても、海芝浦駅で見る夕暮れ時の景色はきれいだろうなあ……。

160925tsurumi1.png


素晴らしきかな鶴見線。
この続きはholidayで!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/983-598859be
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top